2019/12/24 ニュース

どこが変わった? 軽SUVハイト「新型ハスラー」の進化ポイントとは

タフさと力強さがテーマ

スズキは2019年12月24日、新型「ハスラー」を発表した。価格は128万400円(FF・ハイブリッド G・スズキセーフティーサポート非装着車)~193万1600円(4WD・ハイブリッド Xターボ・全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車)。発売は2020年の1月20日(月)を予定。


2014年1月に発売された先代ハスラーは、総販売台数47万台と大ヒット。発売してから瞬く間にスズキの基幹車種へと成長した。今回初のフルモデルチェンジとなった新型ハスラー、コンセプトは一貫して「タフ」と「力強さ」がテーマだ。



インテリアは大胆にチェンジ!



ゴーグルが3つ並んだような見た目のインパネは、今回特に注目したい部分。インパネ、オーディオ、アッパーボックスを囲むような3連プロテクションフレームを使い、さらに上下のバーでしっかりとフレームを挟む。インパネに力強い骨格を持たせた意匠を採用、アウトドアアイテムによく見られる丈夫で質実剛健な形が表現されている。ちなみに先代ハスラーにも存在する、助手席側のテーブル&収納は今回も健在。


前席は、ベンチシートだった先代から打って変わって、今回はセパレートシートを採用。スペースが増えたことにより、500ml紙パックホルダーや、コンソール収納の配置が可能となった。また、500ml紙パックホルダーは、インパネのフレームの形状を反復。よりビビッドな仕上がりのインテリアになっている。

新採用の便利機能も盛りだくさん


荷室での注目点は、クロスビーにも採用されている「ラゲッジアンダーボックス」を新型ハスラーにも設定したことだ。靴など、常備しておきたいものが入れられ、さらに取り出して洗える優れものだ。クロスビー、スペーシアギアなどに続き、スズキ十八番の防汚シートも採用されている。




メーターは新規カラー液晶を設定。立体的なリング形状と、グラフィックが採用されている。さらに、メーターのディスプレイにはわかりやすいカラーアニメーション表示を追加。アイドリングストップ中は、インパネの丸型3連プロテクションフレームがリズムよく弾むアニメーションとなり、停車中もワクワクできる設定だ。ナビはスズキ初の新型スマートフォン連携メモリーナビを搭載。デザインも大幅に変更となり、操作しやすい9インチ大画面となった。




シートのメイン表皮は、縞鋼板柄をモチーフに高彩度なカラーアクセントを採用。機能と見た目の楽しさを両立したデザインとなっており、内装色は外装色にあったデザインが標準、オプションでは別のカラーリングコーディネートも用意。

外観は、さらなるアウトドアスタイルを追求


外観は一見すると、「どこが変わった?」とも思えるが、じつはすべてを一新。水平基調のラインを使いながら、ボディ全体を先代よりも四角くガッチリとしたボディ形状に進化させている。特にキャビン周りは、ルーフを後方に延長してさらにバックドアを起こした。それにより生まれたスペースにはクオーターガラスを追加し、なんと6ライトキャビンに!


新たにできたDピラーを含めた、ABCDピラーすべてのピラーをボディ色にすることで頑丈さや、ボディのどっしりした印象を表現。さらに、ハスラーが先駆者であるとの自負もある2トーンカラーのルーフは、ハードトップをモチーフとしたL字型の色分けがなされている。


新開発のNAエンジンを搭載


NAエンジンは今回新開発(R06D型)。軽快な走りに加え、低速域から中高速域での燃費のよさを兼ね備えている。その秘密は、スズキ軽初となるデュアルインジェクションシステムとクールドEGRをはじめとした急速燃焼、高圧縮比化による広範囲の熱効率向上。


さらに、高出力化ISGとリチウムイオンバッテリーを搭載したマイルドハイブリッドを全車標準装備。新型CVTとあわせて、スズキの軽に新たなスタンダードモデルを作る。



プラットフォームはハーテクトの採用により、ホイールベースが先代よりも35mm延長、後席の足元空間を確保した。さらに、前席では左右乗員間距離が30mm拡大している。さらにアプローチアングルとデパーチャーアングルを拡大させ、高い走破性をさらに進化、SUVライクから、よりSUVらしい走りを追求している。

最大の進化点は、
スズキ初となる全車速ACCの採用!

スズキセーフティサポートは、新型ハスラーでさらに進化。最大の注目点は、追従クルーズコントロール(ACC)が全車速追従型になったこと! 一方、ステアリング支援は車線逸脱抑制まで。走行中に車線中央を維持する機能は装備されなかった。また、デュアルカメラブレーキサポートは夜間歩行者探知機能や一時停止表示、進行方向お知らせ機能を追加している。

[バリエーション&価格]
〈660ccハイブリッドターボ・CVT・全方位モニター付きメモリーナビゲーション装着車〉
ハイブリッドXターボ/FF…179万7400円 4WD…193万1600円
ハイブリッドGターボ/FF…164万4500円 4WD…177万8700円

〈660ccハイブリッド・CVT・全方位モニター付きメモリーナビゲーション装着車〉
ハイブリッドX/FF…170万2800円 4WD…183万7000円
ハイブリッドG/FF…154万9900円 4WD…168万4100円

■ハイブリッドXターボ(4WD・CVT) 【寸法・重量】全長:3395㎜ 全幅:1475㎜ 全高:1620㎜ ホイールベース:2460㎜ 車両重量:880㎏ 乗車定員:4人 【エンジン・性能】型式:R06A 種類:直3DOHCターボ 総排気量:658cc 最高出力:47kW(64ps)/6000rpm 最大トルク:98Nm(10.0㎏m)/3000rpm 使用燃料・タンク容量:レギュラー・27L 最小回転半径:4.6m 【諸装置】サスペンション:前ストラット/後マルチリンク タイヤ:前後165/60R15

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの

〈文=driver編集部・大庭 写真=岡 拓〉

RECOMMENDEDおすすめの記事