2019/12/13 カー用品

【童話・絵本】日産、「第35回 日産 童話と絵本のグランプリ」大賞の2作品を出版。全国の公立図書館などに出版作品を寄贈〈社会貢献〉

日産は、2018年度に実施した「第35回 日産 童話と絵本のグランプリ」(大阪国際児童文学振興財団主催)の大賞2作品を、2019年12月15日にBL出版より出版する。
今回出版する童話作品は、水凪 紅美子さんの作品『くじらすくい』で、童話部門で2359編の応募作品の中から大賞に選ばれたものだ。この作品には同グランプリ第31回 絵本部門の大賞を受賞した、たなか やすひろさんの挿絵が配されている。絵本作品は絵本部門の429編の応募作品の中から大賞に選ばれた、松丘コウさんの作品『ぴのちゃんとさむさむねこ』だ。日産は、社会貢献の一環として、アマチュア作家を対象とした創作童話と絵本のコンテストである同グランプリに第1回(1984年)から協賛している。才能ある新進作家を育成するとともに、子供たちに良書を届けることを目的に、35年間で65作品を出版した。また、日産は優れた童話と絵本を多くの子どもたちに楽しんでもらうため、出版した作品を全国の公立図書館等に寄贈している。今回も日本国内の図書館約3500館と、同社の事業所近隣の保育園・幼稚園など約800園に寄贈する予定。海外においても海外事業拠点周辺の日本人学校や日本語補習校にも本を寄贈しており、第1回から寄贈した本は、累計で24万冊以上にのぼるという。なお、2019年度の「第36回 日産 童話と絵本のグランプリ」作品募集は、2019年10月31日に終了。入選作品の発表は2020年3月初旬を予定している。 

[童話の概要]

・タイトル:『くじらすくい』夏祭りで「金魚すくい」ならぬ「くじらすくい」を見つけた主人公が「くじらすくい」に成功し、くじらを家に持ち帰るお話。タイトルやアイデアの斬新さに加え、視覚に訴えるていねいな場面描写がすばらしく、冒頭から物語に引き込まれる作品となっている。・作者:水凪 紅美子群馬県在住。北関東造形美術専門学校グラフィックデザイン科卒。図書館臨時職員。絵の作者:たなか やすひろ東京都在住。東洋美術学校卒。第31回「日産 童話と絵本のグランプリ」絵本大賞、2019年ボローニャ国際絵本原画展入選・価格:1300円(税別) 

[絵本の概要]

・タイトル:『ぴのちゃんとさむさむねこ』*受賞時のタイトルは「こがらしの日は」主人公の女の子が木枯らしの吹く寒い日に、凍えそうな子猫を見つけ温めてあげるところからスタートするお話。ソフトな色彩と大胆な構図が独特の世界観を作り出し、お話の思いがけない展開も相まって、ページをめくる楽しさにあふれる作品となっている。・作者:松丘 コウ静岡県在住。第32回、第33回、第34回「日産 童話と絵本のグランプリ」絵本の部 優秀賞受賞。・価格:1300円(税別) 日産のサステナビリティ ウェブサイトhttps://www.nissanglobal.com/JP/SUSTAINABILITY/社会貢献の取り組み ウェブサイトhttp://www.nissan-global.com/JP/CITIZENSHIP/
日産https://www3.nissan.co.jp 

RECOMMENDEDおすすめの記事


RANKING