2019/12/12 イベント

RX-7(FD)のバンパーをフェアレディZにDIYで装着! 一般公募で選ばれた謎のZが東京オートサロンにやってくる!

新品・中古カー&バイク用品ECサイト「Croooober(クルーバー)」を運営するZERO TO ONEは、2020年1月に行われる東京オートサロン2020で開催する「愛車展示プロジェクト」にて、会場の幕張メッセに展示する「実車」を決定した。この愛車展示プロジェクトとは、毎年開催される東京オートサロンのアップガレージ/Crooooberブースの壁面に展示する一般ユーザーの愛車の写真を公募するプロジェクト。その応募のなかで、特に素晴らしい車両を1台選出し、オートサロン期間中に幕張メッセに実車展示する、というものだ。

このプロジェクトにより、ただ観るだけのイベントではなく、参加するイベントであるという実感を持ってもらい、東京オートサロンを拠点にカスタムカー・クルマ文化を盛り上げていくことを目的としている。
というわけで今回の展示車両は、日産フェアレディZ。5代目となるZ33をベースに、カスタマイズされた車両だ。その特徴はフロントバンパー。よく見ると、RX-7(FD)のものに似ている……。なんと、アップガレージで購入したRX-7のフロントバンパーを、フェアレディZに装着できるようにオーナー自身が加工したとのこと! また、ホイールは純正だが、塗装は自分で。そのほかほとんどのカスタマイズを、DIYでやり遂げているというのだ。ZERO TO ONEでは、「クルマ好き、カスタム好きを応援したい」という観点から、”DIY猛者”の愛車、フェアレディZを実車展示に決定。ぜひオートサロンの会場で実車を確認みてほしい!〈文=編集部〉 

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING