2018/05/28 カー用品

エンケイ、懐かしのBAJAが現代の技術でよみがえる!「ALLROAD BAJA」発売

エンケイはクロスカントリーモデル用アルミホイール「ALLROAD」の新製品「ALLROAD BAJA(オールロード バハ)」を2018年6月に発売する。サイズは17×8Jで、価格は5万2920円(1本)。「ALLROAD」シリーズは、ラリーフィールドから蓄積されたテクノロジーを積極的にフィードバックしたクロスカントリー用ホイールのブランド。「ALLROAD BAJA」は、1976年に発売したBAJAのデザインを踏襲しつつ、最新のMAT製法により性能を進化させたアルミホイールだ。BAJAはコンケイブ形状のマルチスポークデザインで、当時のプレジャービークルを含むクロスカントリーモデルに対応するように開発され人気を得たモデルだ。「ALLROAD BAJA 」は、ディスクをリムフランジ部より取り付け穴部までスポークが自然なコンケイブ(中下がり)で形成されるようデザイン。スポークトップを切削加工することでスポークデザインを際立たせている。リム部にスピニング製法を応用したエンケイ独自の「MAT PROCESS」製法を採用することで、鋳造ながら鍛造ホイールに匹敵する優れた材料強度を実現し、オフロード走行にも耐える強靭なリムを形成する。さらに、タイヤとホイールの密着部分にローレット加工(凹凸加工)を施し、ズレを低減している。カラーはマシニングブラックとマシニングシルバーの2色を用意する。 
[ALLROAD BAJA製品概要]サイズ:17×8Jインセット:20ホール数:6穴PCD:139.7センタハブ径:φ106mm
 
●マシニングブラック

●マシニングシルバー
 
●装着イメージ
 「ALLROAD BAJA」の詳しい情報はこちら 
エンケイTEL:053-522-5245http://www.enkei.co.jp/ 

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING