2017/10/18 カー用品

3メガ&ウルトラワイドで高精細に記録するドライブレコーダー 発売

DATASYSTEM R SPEC

ハイスペック ドライブレコーダー DVR3000

価格=2万1384円
●背面には3インチワイドモニターを搭載。映像を映し出すほか、作動状態をアイコンで表示。本体上面にメニュー/モード/セットボタンとAVミニジャック、右側面に選択ボタン、左側面にマイクロSDカードスロット、底面にHDMIおよびUSB端子を備える
 

高画質・高機能にこだわる

万が一の事故などを記録するドライブレコーダーは、愛車に装着したいカーグッズとして注目度が高い。車両周囲の安全確認をサポートするフロントやリヤ、サイドカメラなどを手がけるデータシステムが、満を持して発売したのがハイスペックドライブレコーダー「DVR3000」。この製品の特徴は、1/3型CMOSセンサーを搭載し、フルハイビジョンを超える3メガ(2304×1296)の高精細録画ができること。万が一のトラブルでもナンバープレートなどが鮮明に記録できる。そしてシネマスクリーンのような21:9のウルトラワイド(2560×1080)での録画も可能だ。対角140°(水平125°、垂直60°)の広角6層ガラスレンズを採用し、ゆがみを抑えたクリアな映像を実現。各種カメラの開発で培ったノウハウが生かされているのだ。映像の記録は電源オンで自動的に録画を開始する常時録画を採用。Gセンサーが衝撃を感知して前後の映像を別フォルダーに保存する「イベント録画機能」も備え、万が一の際には重要な記録映像を保護する。記録された映像は3インチモニターで確認できる。HDMIやφ3.5mmミニジャックAV出力端子を搭載しているので、カーナビや車載モニター、家庭のテレビと接続すれば大きな画面で映像を見られる。GPSの搭載により、映像とともに位置情報や車速、日時なども記録。専用のビューワーソフトをインストールしたPCで、記録映像の再生のほか、走行軌跡や速度も確認できる。また、エマージェンシーバッテリーを搭載し、事故の際に車両からの電力供給が遮断されても一定時間録画できるのも頼もしい。同社の「センサースイッチコントローラーSWC295Ⅱ」と接続すれば防犯カメラとしても活用可能だ。このほかHDR(※)に対応するモードや、ノイズ対策、LED信号機に対応するなど、ハイクオリティに徹底的にこだわった製品なのだ。 ※ハイダイナミックレンジ。急な明暗差で発生しやすい白とびや黒つぶれを補正して明りょうな映像にする技術  

●写真は3メガモードのもの。1/3CMOSセンサーと広角6層ガラスレンズの採用により映像を鮮明に記録。道路標識やナンバープレートもはっきりと見える 


●より広範囲を映せるウルトラワイドやフルハイビジョン+HDR、フルハイビジョン、ハイビジョンの記録解像度も選択可能 
●記録データは専用ビューワーによりPC(Windows7/8.0/8.1/10)で確認可能だ。前後Gや速度、記録された位置情報などが確認できる 
●電源供給はシガーソケットから行う。付属のシガー電源ケーブルのソケット部にはUSB出力端子(5V)を備えスマホなどの充電も可能だ 
●本体サイズは幅99mm×高さ50mm×奥行き29mm。GPSモジュール付き取り付けステー、シガー電源ケーブル、USBケーブル、φ3.5mmミニジャックAV出力端子、マイクロSDカード(16GB)を付属する [問い合わせ先]データシステム 電話:03-5369-4137 www.datasystem.co.jp/

RECOMMENDEDおすすめの記事

RANKING