2021/11/04 新車

ベンテイガ ハイブリッドついに日本上陸! 2000万円オーバーのPHEVが求められる、その背景とは?


■パフォーマンスを求めるわけではなく


ハイブリッド・パワートレーンは、最高出力340馬力/5300〜6400rpm、最大トルク450Nm/1340〜5300rpmの新しい3LV6ツインターボと、8速ATと一体となるように組み込まれた、128馬力と350Nmを発揮するEモーターで構成。システム合計では449馬力/700Nmを発揮する。

ベンテイガ

0→100km/h加速は5.5秒、最高速度は254km/hで、それぞれ4.5秒と290km/hのV8モデル(550馬力、770Nm)には引けを取る。だが、PHEVの魅力はそこではない。タンク容量が75LとV8モデルより10L少ないにもかかわらず、航続距離は863kmとV8モデル(766km)を約100kmも上回っているのである。CO2排出量も、WLTPで83g/kmで、V8モデル(294g/km)と比較すると圧倒的に少ない。

車両後部に搭載されるリチウムイオンバッテリーは、168個のセルを持ち、容量は17.3kWhとなっている。EV走行における航続距離はおよそ31マイル(50km)。充電は普通充電のみに対応し、200Vで充電時には約2時間45分で満充電が可能。なおベントレーブランドの白い家庭用ウォールボックスは無償オプションで提供される。

ベンテイガ

デリバリーは11月から開始される予定の新型ベンテイガ・ハイブリッド。車両価格は10%の消費税込みで2269万円となっている。既存のベントレーオーナーはもちろん、ラグジュアリーカーユーザーの多くから注目を集めることになりそうだ。

<文=竹花寿実 Toshimi Takehana>





■ベンテイガ ハイブリッド(4WD・8速AT) 
主要諸元
【寸法・重量】
全長:5125mm 
全幅:1995mm 
全高:1740mm 
ホイールベース:2995mm 
車両重量:2690kg 
乗車定員:5人 

【パワートレーン・性能】
エンジン種類:V6DOHCターボ 
総排気量:2994cc 
エンジン最高出力:250kW(340ps)/5300〜6400rpm 
エンジン最大トルク:450Nm(45.9kgm)/1340〜5300rpm 
使用燃料・タンク容量:プレミアム・75L 
モーター最高出力:94kW(128ps) 
モーター最大トルク:350Nm(35.7kgm) 
バッテリー種類:リチウムイオン 
バッテリー電力量:17.3kWh

【諸装置】
サスペンション:前ダブルウイッシュボーン/後マルチリンク 
ブレーキ:前後Vディスク 
タイヤ:前後285/45ZR21 

【価格】
2269万円(消費税率10%込み)