2021/11/04 新車

ベンテイガ ハイブリッドついに日本上陸! 2000万円オーバーのPHEVが求められる、その背景とは?


■PHEVであることは主張せず


全長5125mm、全幅1995mm、全高1740mm、ホイールベース2995mmの堂々とした寸法は、ベンテイガV8と比較すると全高のみ15mm低い。2690kgの車両重量は、同様に220kg重くなっている。

ベンテイガ

ベンテイガV8との外観上の違いは、「Hybrid」のバッジの有無と、車両左側後方に充電ソケットが備わる点のみで、これ見よがしにPHEVであることを主張しないアンダーステートメントなルックスとなっている。

インテリアには、他モデルではオートスタート/ストップボタンが備わる位置に「Eモードボタン」が備わり、「ハイブリッド」、「EVドライブ」、「ホールド」の3種類のハイブリッドドライブモードの切り替えが可能。また、運転席ドアにはフューエルフィラーカバーリリースボタンが備わる点もベンテイガ・ハイブリッドの特徴。

ベンテイガ

また、インフォテインメントシステムではハイブリッドインフォテインメントスクリーンが表示でき、ドライバーインフォメーションパネルはハイブリッド専用の情報表示となっている。ちなみにラゲッジ容量は479Lで、V8モデル(484L)より5Lだけ小さい。

ベンテイガ

一方、48Vシステムを用いたアクティブスタビライザーのベントレーダイナミックライドや、さまざまな路面状況において優れた走破性を実現するオールテレインスペシフィケーション、7シートスペシフィケーション(3列目シート)、牽引バー、カーボンセラミックブレーキは、新型ベンテイガ・ハイブリッドには設定されていない。