2021/10/29 旧車

【日産マキシマ vs ホンダ レジェンド】新感覚のFF・V6サルーン対決[driver 1989年1-5号より]

●左がマキシマ、右がレジェンド

自動車雑誌ドライバーが過去に取り上げた記事が今に蘇る「DRアーカイブ」。今回は1989年1-5号の「マキシマvsレジェンド」にスポットを当ててみた。



走りとセンス…どちらが上か? 新感覚のFF・V6サルーン対決

「マキシマ vs レジェンド」

V6エンジンを搭載する、新感覚のFFパーソナル・サルーン。3Lのマキシマと2.7Lのレジェンドが繰り広げるナチュラルアスピレーション(NA=自然吸気)エンジン同士の優劣は? また、話題のウイングターボを装着するレジェンドの2Lターボは、この両車とどんなフィーリングの違いを見せるか——定地テストを含めて実力をチェックしてみた。



■3ナンバーカーの多様化時代

ビッグカーの時代といわれる1989年。リーディングメーカーの日産は、早くもそのバリエーション展開を始めた。単なる高級車やハイパフォーマンスカーとは異なる、国産車としては新たな価値を持つマキシマを投入。


●日産マキシマ タイプⅡ

そもそもマキシマは、北米市場をねらって開発されたクルマだ。北米ではミドル・サルーン・クラスと呼ばれるゾーンに属し、国内でいうところの上級ファミリーカーと考えられている。3ナンバー車というと、どうしてもステイタス性を重視するあまり、見方によっては威圧的になりやすく、乗る側に抵抗を感じさせる場合がある。ところが、マキシマにはそれがない。3ナンバー車のゆとりを求める人なら、だれにでも薦められる。

マキシマのライバルは、キャラクターで分けると、正直いって今の国産車には存在しない。駆動方式によって分けるならば、レジェンドやデボネアがそれにあたる。今回は、レジェンドがマイナーチェンジされ、2Lに新エンジンを投入したためもあり、それをマキシマと対決させた。

マキシマは、VG30E型3L・V6エンジンを搭載。最高出力160ps/5200rpm、最大トルク25.3kgm/3,200rpmを発揮。一方のレジェンドは、ウイングターボ付きのC20A型2L V6が最高出力190ps/6000rpm、最大トルク24.6kgm/3500rpm、C27A型2.7L V6は最高出力180ps/6000rpm、最大トルク23.0kgm/4500rpmを絞り出す。

ドライバーWeb編集部・池森