2021/10/28 新車

新型アウトランダーPHEV正式発表。ライバルRAV4 PHVを意識した価格設定…その走りに衝撃走る! 

●ついに国内仕様がデビュー

■ものすごく立派になった



フルモデルチェンジされた三菱アウトランダーが、ついにその勇姿を我々の前に現した。北米では2.5Lガソリンモデルが先行デビューしているが、PHEVの導入は日本が初。3代目となる新型は国内ではPHEV専用モデルとして、新たなスタートを切ったのだ。


●新型アウトランダーPHEV P



外観は「威風堂堂」の開発コンセプトに違わない存在感を発揮。先代よりひとまわり拡大したボディサイズが数値以上に大きく見えるのは、「ボールド・ストライド(BOLD STRIDE)」と名付けられた新デザインコンセプトの効果だろう。「ダイナミックシールド」の三菱顔はもはや金太郎飴の感もあるが(三菱に限ったことではないが)、飛行機の垂直尾翼がモチーフのDピラーや20インチの大径タイヤを持つサイドビューは、なかなかユニークだ。



好調が伝えられる北米の売れ行きは、室内を見ればさらに合点がいく。水平基調のインパネをはじめとした造形はオーソドックスながら、ステッチ付きのソフトパッドを多用し、メーターは三菱初の全画面フルカラー液晶。最上級グレードのPはシフトパネルのリアルアルミニウム、セミアニリンレザーのシートが標準で、間違いなく上質な仕上がりだ。メーター表示のエンハンスモードや水平スライド操作のシフトレバーは、日産のノート オーラで覚えがある。



【画像】インテリアが極上に…最上級グレードの写真を見る

7人乗りも新型の注目点。後輪用モーターユニットの小型化で3列目シートの搭載を可能にしている。先代ガソリン車と同じく完全な緊急用ではあるが、イザというとき重宝する3列派にはうれしい設定だ。


●3列目シートは大型のヘッドレストが特徴。そのぶん、背もたれは低め

ドライバーWeb編集部