2021/10/21 ニュース

【軽にも採用?】ダイハツ ロッキーに新搭載のハイブリッドシステムは、日産e-POWERに近い?

●ダイハツの青エンブレムがハイブリッドを主張

2021年11月に発売予定の新「ロッキー」。現在、ティザーサイトが公開されている。

新「ロッキー」は、従来の1L直列3気筒ターボエンジンに替えて新開発の1.2L直列3気筒エンジンを搭載。ロングストロークタイプで、基本を磨き上げるとともに高効率な高速燃焼を実現する「高タンブルストレートポート」などの新技術を採用。その新エンジンを用いたハイブリッドモデルを加えた点が特徴。エンジンは発電用として使用し、100%モーターの力で走行するシリーズ式ハイブリッドシステム“e-SMART HYBRID”を搭載するという。ちなみに、エンジンはハイブリッド車向けに専用チューンし、最大40%という高い熱効率を実現。効率のよい回転域を使うことで、低燃費に貢献するという。



「スマート」という名称には以下の3つの意味が込められている。
1)「100%モーター駆動による素早いレスポンスと大きなトルクで「スマートな(きびきびした)」走りを実現したこと。
2)走行条件によって、エンジンによる発電を「スマートに(賢く)」行い、モーターに電気を供給することで高い燃費性能をマークしていること。
3)後席バッテリー容量を必要最小限に抑え、コストパフォーマンスにも優れた「スマートな」システムであること。



以上のような特徴を持つ新しいハイブリッドシステムは、シリーズ式という意味では日産のe-POWERが頭に浮かぶ。ちなみにe-POWERに搭載されるリチウムイオンバッテリーは約1.5kWとコンパクト。まだ詳細は不明だが、ダイハツのシステムも同じくバッテリーはコンパクトと考えると、軽自動車への搭載も視野に入れているのかも?

そしてライバルのスズキ。フルハイブリッド車は現在、国内ではスイフトのみ。フルハイブリッドを積んでいたソリオは2020年のフルモデルチェンジでマイルドハイブリッド車に移行した。各社の電動化戦略も興味深いところだ。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部