2021/10/20 コラム

新型フェアレディZのATシフトノブ拝見! アリアのような電制タイプだった

●写真は6速MTのシフトノブ

今冬に国内でも発表される新型フェアレディZ。歴代Zが散りばめられるエクステリアなど、なかなか個性的な雰囲気。その登場に期待が高まっている。

注目はパワートレーン。エンジンはスカイライン400Rに搭載される3L・V6ツインターボエンジンの改良版であり、それに組み合わされるのは6速MTと9速AT。MTは基本的に先代からの流用で、エンジンのトルクアップなどに対応しつつシフトフィールを改善。一方、ATは従来の7速から多段化が進んだZ専用品だ。

6速MTのシフトノブはオーソドックスな丸形だが、縫い目のない1枚革で覆うなど手触りにもこだわっている。そして9速ATのシフトノブはどんな見た目かと思いきや…なんと電制タイプ。つまり、アリアやオーラに似た意匠。手のひらで包み込むように握って操作する、日産で流行中の電制シフトセレクターだ。


●新型フェアレディZのAT車には電制タイプのシフトセレクターを採用

アリアやオーラはほぼ全面がピアノブラックだが、新型フェアレディZのシフトは写真で見るかぎりソフトパッドで覆われ、「P」「D」などの表示部分だけピアノブラックとなっている。なお、AT車にはパドルシフトも用意され、手元での変速も可能だ。

スマートな見た目の新型フェアレディZにピッタリなデザインといえるかもしれない。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部