2021/10/14 新車

【V8→V6へ】ミッドシップフェラーリの新型は830馬力のPHEV!「296GTB」日本初お披露目 

●新しいミッドシップフェラーリ、「296GTB」

■ディーノの再来とも!?


2021年10月14日、フェラーリ・ジャパンはブランニューのミッド・リヤエンジン・ベルリネッタ・スポーツカーである296 GTBを本邦初公開した。6月に本国で発表されるまで、「ディーノが現代に復活か!?」と噂されていたこのモデルは、フェラーリにとって1974年まで生産されたディーノ246以来となるV6エンジンを搭載したロードカーである。


296GTB

「296 GTB」という車名は、排気量(2992cc)と気筒数(6)に、「グラン・ツーリスモ・ベルリネッタ」の頭文字を組み合わせたもの。308以来、フェラーリは長くリヤミドシップのベルリネッタにV8を搭載してきたが、48年ぶりにV6ベルリネッタがPHEVとして復活を果たした。

前日の13日に都内で行われたメディア向けお披露目イベントで、フェラーリ・ジャパンのフェデリコ・パストレッリ代表取締役社長は、「このモデルが生まれた背景には、お客様に運転する楽しさを体験していただきたいという想いがあります。全身でワクワク感が感じられる歓びを実現するため、コンパクトなボディに最高のパワートレーンとエアロダイナミクスを与え、俊敏なハンドリングを備えたモデルを開発しました」と語った。



296GTB

フェラーリの車内デザイン部門「チェントロスティーレ」が手がけたというエクステリアは、Bピラーの形状やサイドのボリュームのつけ方、切り詰められたリヤエンドなどに250 LMなど1960年代のモデルへのオマージュが感じられる。同時に最先端のエアロダイナミクス技術も盛り込まれ、新色の「ロッソ・イモラ」も採用。とてもモダンで現代的な印象に仕上がっている。


296GTB

ドライバーWeb編集部・青山