2021/10/07 ニュース

マツダ新型SUVの車名はCX-50、CX-60、CX-70、CX-80、CX-90と公表。どんなモデルに!?…パワートレーンの展開も発表

●CX-5はどうなっちゃう?

■大幅に拡充されるマツダSUV



マツダは10月7日、2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を発表。米国新工場で生産する「CX-50」や、縦置きプラットフォームを使ったラージ商品群「CX-60」、「CX-70」、「CX-80」、「CX-90」を2022年からその翌年にかけて新たに導入。グローバルで成長を続けるSUVセグメントにおいて最新の環境性能と走る歓びを両立させた多用な選択肢を用意するとしている。

CX-50は、SUVらしい存在感やオフロード性能が求められる米国に新たなラインアップの中核として導入するクロスオーバーSUV。マツダ3やCX-30と同様に横置きプラットフォームのスモール商品群に属し、米国アラバマ州ハンツビル市に建設したトヨタとの合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing,U.S.A.,Inc.」(MTMUS)で2022年1月から生産を開始する。

ラージ商品群のCX-60、CX-70、CX-80、CX-90は、既存モデルのCX-5や上記CX-50から上の幅広い価格帯に位置するモデル。2つの異なるボディタイプと2列・3列の2つのシートタイプを展開。道路や駐車場が比較的狭い欧州や日本には2列シートのCX-60、3列シートのCX-80を導入。一方、より大きなサイズや存在感が求められる北米などの市場にはワイドボディ2列シートのCX-70、3列シートのCX-90を展開。ミッドサイズクロスオーバーSUVのラインアップを拡充させる。

〈2022年以降導入予定のクロスオーバーSUV商品群一覧〉
■ラージ商品群
CX-60(2列シート)…欧州、日本、ほか地域向け
CX-70(ワイドボディ2列シート)…北米、ほか地域向け
CX-80(3列シート)…欧州、日本、ほか地域向け
CX-90(ワイドボディ3列シート)…北米、ほか地域向け
■スモール商品群
CX-50…米国向け

ドライバーWeb編集部