2021/10/07 新車

日産ノートにSUVが!? 新種「オーテック クロスオーバー」発売

●ルーフレールもデザインのポイント


■最大のポイントは車高アップメニュー



ポイントは専用サスペンションやタイヤの大径化により地上高を25mmアップしたこと。不整地や雪道などでの対応力を向上させたほか、ルーフモールも採用してアクティブに使える仕様となっている。


●左はノート オーテック、右がノート オーテック クロスオーバー

オーテックとしては初の車高アップメニューを加えたモデルとなったノート オーテック クロスオーバー。車高アップは走りの面ではネガになる可能性もあるが、今回はオーテックらしい走りの気持ちよさを実現するため各所をチューニング。スプリングやダンパーはもちろん、パワーステアリングにも専用チューニングが施されている。

ちなみに、なぜベース車が標準のノートではなくノート オーテックだったのか。それは、日産車をベースにコンプリートカーを作ってきたオーテックのノウハウを存分に生かすため。車高アップに伴うネガを取り除き、走りの気持ちよさを生み出すにはやはりオーテックのような集団の力が必要だったのだ。



インテリアは、柔らかな手触りで体に馴染むレザレットのシート地や、鮮やかな木目が特徴的な高級材、紫檀(シタン)の柄のインパネ加飾などを採用したりと基本的にはノート オーテックと共通。シートには「AUTECH CROSSOVER」と専用刺繍が入っている。





SUVらしいスタイルと機能性、そしてオーテックのプレミアムスポーティさが融合。新風としてどんな形で市場に受け入れられるか楽しみな1台である。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部