2021/10/07 新車

なぜ「レガシィ」の冠を残した? スバル新型レガシィ アウトバックへの疑問

●価格はだいぶ上がったが…装備も充実



■デザインのポイントについて教えてください

今回、エクステリアデザインのコンセプトは「アクティブ×タフ」です。全体的なプロポーションの部分では、よりスポーティさを強調するようなスピード感のあるようなシルエットに仕立てながら、ボディサイドの窓肩から下の部分でしっかりと厚みを表現したり、フェンダーまわりの力強い造形を組み合わせることによって、アウトバックの唯一無二の価値を表現しております。

アウトバックといいますと樹脂部分のクラッディングパーツが特徴の1つでもありますが、今回スポーティなシルエットにしっかりとフィットするような仕立てとしました。より連続性のある動きのあるグラフィックを使いながら、機能を表現するということにも挑戦しております。


●リミテッドEX

内装はフル液晶タイプのメーターがポイントになります。レヴォーグと同じセンターのインフォメーションディスプレイとのコンビネーションで先進感を表現しています。内装全般の特徴としては、開放感と安心感のある空間を組み合わせています。具体的には、インパネ上部を長い線でラウンドさせながら、座ったときの乗員の開放感を感じさせるような空間を作っています。また、シートに着座したときの腰まわりのあたり、特にシフトまわりなどは先代からボリュームを上げていますが、適度な包まれ感を表現することによって、安心して走っていける印象を持っていただけるような室内空間を作っています。


●メーターはフル液晶タイプ

またリミテッドEXはオプションで単色のレザーを用意していますが、インストルメントパネルの中段部分にも同じ素材をコーディネートすることによって、より華やかで開放的な印象を持てるような空間になっています。(商品企画本部 デザイン部 田中 繁氏)

■デザインで苦労したポイントは?

初期の段階では、アウトバックというクルマがもともとワゴンから派生したクロスオーバーSUVということで、ワゴン方向にしたらいいのか、それともよりSUV方向にしたらいいのか、といったところでさまざまな議論がありました。その中でやはり唯一無二の価値ということで、この両立をしっかりしていこうというところで、先ほどの「アクティブ×タフ」というコンセプトでデザインをまとめました。(商品企画本部 デザイン部 田中 繁氏)

■北米と日本の外観の差について

北米においてアウトバックは、すでにかなりのお客様からアウトドアの実用的なツールとしての認知度が高まっています。国内も含めたほかの市場においては、スバルのラインアップの頂点にあるクルマという位置づけでありますし、そこをそれぞれしっかり感じていただけるような質感や存在感に特に注力してデザインを仕上げました。(商品企画本部 デザイン部 田中 繁氏)

今回のモデルは発売のタイミングが国内外で差があるという部分もありまして、やはり各市場、特に日本市場を私たちは意識しています。日本は北米より2年遅れの導入というところで、デザインが北米向けのままでいいのか、という議論がありました。そこから「上質なアウトバックとは何なのか?」というところをデザイナーに突き詰めてもらい、ヘッドライト、さらにはグリル、バンパーなども含めて北米仕様から変えております。北米の投入から2年が経ちますが、新しい風を吹き込みながら、性能ともに向上させたのが日本仕様です。(商品企画本部 企画&総合安全性能 小野寺圭氏)

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部