2021/09/16 新車

【カローラ クロスのCM見た?】え!? 実車? どうやって撮ってるの? クルマ本体だけでなく、TVCMにも注目したい理由とは


■クルマはCGではなく実車


カローラシリーズ初のSUVとして、2021年9月14日に発表・発売された新型クロスオーバーSUV「カローラ クロス」。そのTVCMが翌日の15日より放送されているが、もう見てちょっと衝撃を受けた人も多いだろう。このCM、じつは珍しい表現技法が使われている、こだわりのCMだった。

9月15日より放映開始されたカローラ クロスのCMは「個性を駆け抜けて編」と名付けられている。なにがスゴいのか? まずは、その30秒CMを見て欲しい。

【衝撃映像!】実車が光のアートを走る!? カローラ クロスのTVCMがスゴい!

幻想的な光が無数に流れている空間を、カローラ クロスが走り抜けていく。バックで流れている曲も、軽快なPOPでカローラ クロスのイメージにピッタリだ。

この映像を見て、ひとつ気付くことがあるはずだ。昨今のクルマCMによく見られる、コンピューターグラフィクス(CG)のクルマではなく、実車を撮影に使っているのである。このような幻想的なイメージCMでは、CGが使われることがほとんど。しかもちゃんと走っているようにも見える。そこで考える人も多いだろう。「実車を使ってどういう方法で撮っているのか?」それこそが、このCMの注目ポイントだ。

ドライバーWeb編集部・青山