2021/09/10 新車

スバル、新型WRXを米国で世界初公開。2.4Lターボで武装。まずは2022年に米国で販売予定

 

新世代スバルにアグレッシブさの増した外観

エクステリアデザインは、パフォーマンスの高さを感じられる大胆でアグレッシブなスタイリングで走りの楽しさを表現したという。

WRX

フロントフェイスはレヴォーグから採用された新世代の“スバル顔”。ヘキサゴングリルを起点に立体的で彫りの深い造形と、ワイド&ローを強調したフロントバンパー、力強く張り出したフェンダーによって、静止状態であっても今にも走り出しそうな躍動感を表現。走りへの期待感が高まるデザインだ。



前後のフェンダーには、SUVでよく見られる黒樹脂のクラッディングにも見える「スポーツサイドガーニッシュ」を装着するところに目新しさを感じる。オン・オフ問わず世界のレース・ラリーシーンで名をはせたWRXならではの進化といってもいいだろう。このスポーツサイドガーニッシュやサイドシルスポイラーなどには、空気の流れを整えるヘキサゴンパターンの空力テクスチャーが施される。

フロントフェンダー後部やリヤバンパー後部にはエアアウトレットが設けられ、ハイパフォーマンスカーならでのデザインと、コーナーリング時や高速走行時の操縦安定性を両立する。

WRX

公表された米国仕様のボディサイズは、全長183.8インチ×全幅71.9インチ×全高57.8インチで、ホイールベースは105.2インチ。メートル法で換算すると全長4668mm×全幅1826mm×全高1468mm。ホイールベースは2672mmで、従来型WRX S4と比べるとおよそ72mm長く、31mm幅広で、7mm背高である。ホイルベースは20mmほど延長された。

ちなみにレヴォーグとの比較では、87mm短く、31mm幅広で、32mm低い。ホイールベースは同等。

 

ドライバーWeb編集部