2021/09/06 新車

カローラアクシオ/フィールダーが改良…旧型なのになぜ販売を続けるのか

●じつはとある分野で人気車種になっていた!

ソフトウェアのアップグレードで自動ブレーキの進化も



2021年9月6日、カローラアクシオ/フィールダーが一部改良を実施した。衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」のプリクラッシュセーフティを、歩行者(昼)検知機能付き衝突回避支援タイプとし、全車に標準装備とした(サポカー補助金の対象となっている)。また、オートライトシステムも全車標準装備となった。


●カローラアクシオ

なお、すでに販売されたカローラアクシオ/フィールダー(2015年3月~2021年9月式のプリクラッシュセーフティ搭載車)については、「プリクラッシュセーフティ 昼間の歩行者検知機能追加キット」でソフトウェアのアップグレードが可能となった。アップグレードには4180円の費用+販売店作業工賃(販売店によって工賃が異なる)が必要である。

カローラアクシオは国産唯一の5ナンバーセダン(マーチをベースにセダンタイプとした光岡のカスタムカー「ビュート」もある)であり、フィールダーはホンダ シャトルとともに国産5ナンバーステーションワゴンのカテゴリーを担う今や貴重な存在である。


●カローラフィールダー

2019年9月のフルモデルチェンジで登場した12代目カローラは、3ナンバーボディに移行し、セダンを「カローラ」、ワゴンを「カローラツーリング」として展開。この全面改良を控えた19年8月下旬に、従来型(11代目)のカローラアクシオ/フィールダーは一部改良を実施。ビジネスユース向けの5ナンバー車として、新設した「EX」系グレードのみに集約して継続販売とした。

ちなみに、EXは3代目プリウス登場時に継続販売となった2代目「プリウスEX」と同様(カローラでは中国で新旧併売を行っていた時期があり、旧型モデルがカローラEXと呼ばれていた)に英語で「旧、前の」を意味する接頭語の「ex-」に由来。新型との関係性を表現し、先代モデルであることを表している。

ドライバーWeb編集部