2021/08/27 コラム

スズキ「スマイル」に「ワゴンR」を冠した理由…新型スライドドア車

●丸い(といっても楕円)ヘッドライトが特徴

車名は「ワゴンRスマイル」。なぜ「ワゴンR」が付いている?



スズキの新型軽ワゴン「ワゴンRスマイル」。スズキらしい直球でインパクトのある車名「スマイル」は、お客様に笑顔になっていただけるような商品を訴求したいという思いを込めて命名されたという。愛着と温もりを感じる新型車のデザインにピッタリの車名である。



じつは「SMILE」には「スペシャル・マイルーム(SPECIAL MY ROOM)」という語呂合わせの意味も含んでいる。デザインコンセプトは自分らしく乗れるスライドドアワゴンとして「マイスタイル、マイワゴン」と決められたが、こうした使い方をするクルマの車名として「スペシャル・マイルーム」。それを短縮して「スマイル」という名前に行き着いたという。当初は別の車名だったが、議論を重ねて一番ふさわしい案として社内で共感を得て決まったのが「スマイル」。わかりやすく親しみやすい名前を選ぶのはスズキの真骨頂ともいえるだろう。

さて、なぜ「ワゴンR」と冠を付けたのはなぜか。開発責任者を務める高橋正志チーフエンジニアは次のように語っている。

「今回のワゴンRスマイルは“ワゴンR”と頭に付けましたが、新型車としてゼロから考えました。ただ、コンセプト立案の最初の段階では、ワゴンRくらいの全高でスライドドアが欲しいというお客様がかなりいた。それに応えるためにサイズ感を理解していただきたかったので、ワゴンRという名前を付けました。新型ワゴンRスマイルの全高は1695mm。全高に注目した場合、『スペーシア スマイル』という名前にすると全高の高いスライドドアのクルマ(全高1785〜1800㎜)だねと認識されると思います。しかし『ワゴンRスマイル』と言えば、ワゴンRぐらいの大きさ(全高1650mm)の何か新しいクルマとお客様に直感的に伝わると思いました」

メカニズムの基本はスペーシアだが、「ワゴンRくらいの全高でスライドドア車が欲しい」という要望にわかりやすくこたえるために「ワゴンR」を冠したのだった。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部