2021/07/28 カー用品

ユピテル、4Kで記録できる前後2カメラドライブレコーダーを新発売

●ユピテルが4Kドライブレコーダーを発売

ユピテルは7月28日、フロント4K記録可能な前後2カメラドライブレコーダー「Y-4K(カー用品量販店モデル)」と「ZR-4K(カーディーラー専売モデル)」の販売を発表。発売日は8月2日、価格はオープンプライス。

「Y-4K」「ZR-4K」の新設計フロントカメラは、最大820万画素の4K記録(ウルトラHD)に対応。これはフルHDの4倍を誇る高解像度で、前方の状況や車両ナンバーといった細部まで記録する。

またリヤカメラは200万画素のフルHD記録に対応。さらに夜間撮影に優れた超高感度センサーSTARVISを搭載。前後ともに高精細、かつ鮮明な記録を可能にするドライブレコーダーだ。

付属のSDカードには、繰り返しの上書き記録に強い高耐久MLC方式の大容量32GB マイクロSDカードを採用。さらに、4K記録の高精細映像を十分に収録できるよう、最大128GBまでのマイクロSDカードに対応している。また、SDカードの断片化が起きにくい独自のファイルシステムも採用。面倒な定期フォーマットの頻度を大幅に低減。万が一の記録トラブルも防いでくれる。

モニターは、2.4インチのフルカラー液晶。5つの操作ボタンはモニター下に配置し、運転席からでも直感的に操作可能としている。

【製品概要】
商品名:「Y-4K」(カー用品量販店モデル)/「ZR-4K」(カーディーラー専売モデル)
発売日:2021年8月2日
価格:オープンプライス
外形寸法:【フロント】74(幅)×62(高さ)×31(奥行)mm/【リア】55(幅)×25(直径)mm
本体重量:【フロント】約128g(マイクロSDカード含む)/【リア】約28g
電源電圧:DC12V(5V入力)
消費電力:12.5W

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部