2021/07/06 ニュース

ハイカットに意味あり!マツダとミズノ共同開発ドライビングシューズ予約受注開始…早速体感してみた

●ベロの部分の伸縮性がキモ

軽く見えないのに持ってみたら「軽い!」



マツダとミズノは7月6日、共同で開発した新コンセプトのドライビングシューズ「マツダ/ミズノ ドライビングシューズ」を発表。同日14時より、クラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」にて予約受注を開始した。購入者には2022年3月末より発送される。価格は3万9600円(購入方法については後述)、サイズは24.5〜28.0cm(EE相当)。



2015年からさまざまな分野においてエンジニアの技術交流を行っていたマツダとミズノ。マツダはクルマ、ミズノはスポーツ用品と異分野ながら、共通するのは「人間中心のモノづくり」。そんな2社が今回共同開発したのが、人と用具とクルマの調和によって「走る歓び」を提供するドライビングシューズだった。

そんな新しいドライビングシューズ、発売に先んじて体感してきたのでご報告する。大きな特徴は、運転のしやすさと歩きやすさを高次元で両立した点。つまり、ふだん履きとして快適な一方、運転するときは安定性の高い快適なペダル操作が可能になる、という代物だ。

履いてみる前にその見た目。デザインにうるさいマツダのカーデザイナーが見様見真似でシューズデザインを提案し、それをもとにミズノ側が「こうしたらいいのでは…ああしたらいいのでは…」と切磋琢磨で製品にまでこぎつけた。素材は、アッパー部(黒色)が牛革で、サイド部(グレー)がヌバック(起毛革)。かかとまで巻き込み型のソールはラバー。シーンを問わず合わせやすいカラーとデザインを意識しており、スーツでもは着こなせそうな意匠だ。



「シューズのデザインはまったく初めてで。ミズノさんのお力を借りながら、マツダとしてのデザインを余すことなく折り込みました。黒とグレー、そして赤いタグ。現在のマツダらしいデザインに仕上がったと思います」(デザイン本部 ブランドスタイル統括部 デザイナー 寺島佑紀/藤川心平 両氏)

一見、軽そうに見えないデザインだが、その重さはなんと270グラム(27.0cmサイズ)。マラソン用のシューズで150グラム、一般的なスニーカーで300グラムを超えるというから、ハイカットデザインにも関わらず相当軽い。実際、手にとってみてもかなり軽かった。

ドライバーWeb編集部