2021/06/24 新車

ホンダ、新型シビック ハッチバック世界初公開。クーペのような不思議スタイル!

●フロントセクションは「セダン」とほぼ同じ

これをベースにタイプRもつくられる



ホンダは2021年6月24日、ハッチバックスタイルの新型シビック(日本仕様のプロトタイプ)を世界初公開した。発売は2021年秋の予定で、今回は価格や燃費以外の大半の部分についての情報が明らかになっている。


●EX

11代目となるシビックは、2021年6月中旬に北米でセダンが発売され、それに続いて今回ハッチバックがお披露目された。日本向けには、市場が縮小しているセダンは設定せず、ハッチバックのみの展開となる。今回公開されたのは1.5Lターボエンジン車で、2022年にはe:HEVハイブリッド車(編集部予想では1.5L)とタイプR(同2Lターボ)が追加される予定だ。


●EX

シビックは約50年前の1972年に誕生。以来、つねに世界の人々に驚きを届けるベーシックカーとして、世界170カ国以上で販売、累計販売台数は2700万台以上に達している。新型の11代目まで代々受け継ぐシビックの普遍的な価値は、①キビキビとした走り、②市街地での取りまわしや駐車のしやすさ、③経済性と環境との調和、の3点だ。

ドライバーWeb編集部