2021/06/15 ニュース

中谷美紀さん、日産ノートオーラに感激…「一瞬で恋に落ちました」

●ノートオーラのプレゼンターを務める中谷美紀さん

6月15日に発表された日産ノートオーラ。プレゼンターを務めるのは、俳優の中谷美紀さんだ。同日開かれた発表会に、真っ黒なロンクドレスを身にまとって登場した中谷さんは、「初めてこの日産オーラに出会ったとき、私は一瞬で恋に落ちてしまいました」と語った。



現在、ヨーロッパと日本を往復する生活をしている中谷さん。それをきっかけに初めて運転免許を取得、今年で5年目になるという。初めてクルマのハンドルを握ったときのことを、「こんなにも羽が生えたかのように自由を与えてくれるものということに気づいた」と語り、以来本当に運転が大好きになったとのことだ。そんな中谷さんは、「最初は20キロのスピードを出すのもちょっと怖かったぐらいなんですけれども、今では(欧州の)速度制限のない高速道路で100キロぐらいまで出せるようになりました」と運転技術もメキメキと向上中のようだ。

中谷さんをノートオーラのプレゼンターに起用した理由について、日産の星野朝子副社長は、「(ノートオーラは)上質をまとったコンパクト。その上質感を打ち出すと考えたときに、もうなんといってもこの気品にあふれる、中谷さんがピッタリだと思いました。もうひとつ、日産にはチャレンジャー精神があります。中谷さんは、気品に加えてご自分でいろんなことにチャレンジされ、芯の強い方というイメージ。中谷さん以上の方はいない、満場一致でした」と語った。



ノートオーラとの出会いについて中谷さんは、撮影スタッフが準備している傍ら、暗がりのなかにぽつんと佇んでいるノートオーラを見て、「本当にオーラを放っていて、ひときわ美しかったんですね。身震いするほど。またたく間に恋に落ちてしまいました」。そのノートオーラについて、「無駄が削ぎ落とされていて、日本ならではの引き算の美学」を感じたそう。



そして中谷さんはノートオーラの試乗も行っている。その印象について、「日産のファンの皆様には大変恐縮なのですが、ひと足お先に」と前置きをしたうえで、「これが乗り心地が大変快適でして、何より驚きましたのが車内の静かさ。これはe-POWERのおかげなんですよね。静かで安定している。初心者の域の私でも安定して運転できるクルマだと思いました」。さらに、「見た目だけでなく、走りにまで美しさを表現してらっしゃるということに感激いたしました」。

人との出会いを大切にしたり、苦手なことを克服するなど、日々好奇心を失わないことを心がけているという中谷さん。ノートオーラのプレゼンターとして、テレビCMのみならずさまざまな場面でノートオーラの魅力を訴求していきたいと抱負を語り、最後に「まだ忍耐を強いられる日々が続いているかと思いますが、いつの日か、一日も早く、いつでも、どこでも、誰とでもオーラに乗って走り出せる日が来ることを心より願っております」と締めくくっている。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部