2021/06/15 新車

日産、日本専用の新型車「ノート オーラ」を発表。3ナンバーの「小さな高級車」

●左がノート、右がノートオーラ

全幅は左右20mm拡幅…3ナンバーの「小さな高級車」



日産は6月15日、プレミアムな3ナンバー新型車「ノート オーラ」を発表、今秋に発売する。価格はFFが261万300〜269万9400円、4WDは286万8800〜295万7900円。ノートと比較すると、42万円ほど高い価格設定。パワートレーンは全車e-POWERだ。



ノート オーラ(以下オーラ)の基本構造はノートと共通。デザインもノートに似た印象だが、じつはボンネット、ルーフ、フロントドア、バッグドアのみ共通でそれ以外はオーラ専用だ。



外観がグッと立派に見えるのは3ナンバーのワイドスタンスのおかげ。全長は4045mmとノートとまったく同じだが、ボディ全幅は左右20mmずつ拡幅され、1735mmとなっている。



さらにヘッドライトの薄さも印象的で、先進性を醸し出す4連LEDを採用。グリルと融合したVモーションは自発光式で、デイライトとウインカーも兼用する。リヤもフルLED…さらにライティングブレードと呼ばれる横一直線のシグネチャーも採用している。

17インチのアルミホイールは切削タイプだが、樹脂を組み合わせた。ナットを見せずにツルンとさせて、ガソリン臭のしない次世代のデザインを狙っているという。当然軽量化や空力向上にも効果がある。



ドライバーWeb編集部