2021/05/20 ニュース

スバルの新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」が警察庁へ納入

●自衛隊の「UH-2」と共通のプラットフォームを採用

スバルは5月20日、新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を警察庁へ納入したと発表。この新型機の納入は今回が初。この機体はスバルの宇都宮製作所にて操縦および整備の訓練などを行ったあと、岩手県警察で使用される予定だ。



SUBARU BELL 412EPXは、スバルが米国ベル・テキストロン社と共同開発を行った412シリーズの最新型機。過酷な運行条件下でも高い信頼性を誇り、警察・消防・防災用途を中心に世界各国での展開を見込んでいる。また、陸上自衛隊では新多用途ヘリコプター「UH-2」を開発する際の共通プラットフォームとして、SUBARU BELL 412EPXを採用している。

【SUBARU BELL 412EPX webサイト URL】
https://aerospace.subaru.co.jp/412epx/

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部