2021/04/21 新車

マギーさんも「早く乗りたい」と絶賛。アウディ新型A3、正式発表

●新型S3

アウディ ジャパンは4月21日、A3のフルモデルチェンジを発表。同日受注を開始し、5月18日より発売する。価格は310万〜661万円。

オンラインで開催された発表会には、クルマ好きで知られ、Aライセンスも持つモデルのマギーさんが登場。フルモデルチェンジしたA3のスポーティさにうっとり。ファッションの世界でもスポーティさに注目が集まっていることに触れ、「小さけれども、凝ったスポーティなデザインは今の時代にピッタリ」と絶賛していた。



そんな新型A3。エクステリアは、低くワイドなシングルフレームとフロントエンドの大型エアインテーク、エッジの効いたLEDヘッドライが特徴。ヘッドライトからリヤコンビランプにつながるショルダーラインに加えて、「アウディ クワトロ」をイメージしたブリスターフェンダー、彫刻的な凹面形状のドアパネルが目を引く。セダンでは、スポイラー形状のトランクリッドを採用している。アンダーボディはパネルで覆うなど空力改善にも注力。Cd値は、スポーツバックで0.28、セダンは0.25と良好だ。


●新型A3スポーツバック

スポーツバックのボディサイズは、従来モデル比で全長+20mmの4345mm(アドバンスグレード)、全幅は+30mmの1815mm。前席後席で居住空間が拡大、荷室容量は通常時で380Lを確保している。

セダンのボディサイズは、従来モデル比で全長+30mmの4495mm(アドバンスグレード)、全幅は+20mmの1815mm、全高は+20mmで1425mm(アドバンスグレード)。荷室容量は通常時で425L。

プラットフォームは、横置きエンジン用の「MQB」を採用。キャビン骨格など、ボディの30%(重量比率)に熱間成型スチールを採用することで、高いボディ剛性と軽量化、優れた安全性を実現している。

インテリアに目をやると、センターコンソールを運転席側に向けたドライバーオリエンテッドな雰囲気。新形状シフトスイッチは非常にコンパクト、かつ使いやすさにもこだわっている。メーターパネルには10.25インチの高解像度液晶ディスプレイに、地図表示などの機能を統合したアウディバーチャルコックピットをオプション設定。インフォテイメントは最新の10.1インチのタッチスクリーン式「MIB3」MINIナビゲーションシステムを搭載している。


●新型A3スポーツバック

パワートレーンは3種類。30TFSIは110馬力/200Nmを発揮する1Lターボエンジンを搭載。ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と48Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステムを組み合わせて低燃費化。加速時にはモーターによるアシストで走行性能を高めている。40TFSIには190馬力/320Nmを発生する2Lターボエンジンを採用。駆動方式は4WDとなる。最高峰のS3の2リッターターボエンジンは、310馬力/400Nmと協力で、もちろん駆動方式は4WDだ。トランスミッションは、いずれも7速のデュアルクラッチトランスミッション(DCT)。


●新型S3

また、新型モデルの導入を記念して1st エディションも用意。A3 30TFSI アドバンスをベースに装備を充実させたスポーツバック375台とセダン125台、S3 スポーツバックを125台発売する。

A3スポーツバック 1st エディションは453万円、A3セダン 1st エディションは472万円、S3 スポーツバック 1st エディションは711万円となっている。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部