2021/04/08 新車

トヨタ、自動運転機能を搭載したLSとミライを発売。なぜレベル2に留まったのか?

トヨタは4月8日、独自の自動運転技術、新機能「Advanced Drive(アドバンスド・ドライブ)を搭載したミライ、LSを発表。ミライは845万〜860万円で4月12日に、LSは1632万〜1794万円で4月8日からそれぞれ発売される。ホンダ レジェンドとは異なり、限定車ではない。



だが、自動運転のレベルでいくとレジェンドはレベル3。今回のミライ/LSに関してトヨタは「レベル2という認識」とのこと。例えば手放しでのレーンチェンジや、前方から目線をそらせたままでの運転などには対応していない。なぜなのか? レベルの段階だけにこだわっていないのがトヨタのやり方だという。

トヨタの自動運転技術は、人とクルマが気持ちを通わせながらお互いを高め合い、人とクルマが仲間のように共に走るという独自の「Mobility Teammate Concept(モビリティ・チームメイト・コンセプト)」に基づく。クルマが人から運転を奪うのでも、人に取って代わるものでもなく、人とクルマが双方をパートナーとして尊重し合う。運転を楽しみ、時には運転操作を任せることで本当の安全・安心、移動の自由を実現したいと考えている。

具体的には、何ができるのか? その特徴や機能は下記のとおりだ。

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING