2021/04/08 ニュース

ライバルN-VANには勝てなかった?ハイゼットキャディーが生産終了した理由

●N-VANに負けたカタチとなったハイゼットキャディー


ダイハツは軽積載を意図していた!


一言で言えば、開発時のコンセプトの違いである。

ハイゼットキャディーは開発時、新時代の軽商用車像を探るため、軽商用車を導入している事業者などにヒヤリングした。その結果、荷室使用率や平均積載重量が減少傾向にあることがわかったという。

その一方で、軽商用車への不満として室内の静粛性、足元の広さ、乗り心地などが上位にあがっており、軽乗用車を商用用途に使うケースが増加していた。女性やシニアの就業率の増加も踏まえて、これまでの荷物優先の発想を転換し、人の働きやすさに重点を置いた新型の軽商用車を企画することになった。



このようなコンセプトから、ハイゼットキャディーの最大積載量は150㎏となったのである。ちなみに、ウェイクのプラットフォームに対して、荷物による沈み込みを考慮した車高の確保、荷物を支える耐久性など商用車仕様としている。

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING