2021/03/31 ニュース

新型アウトバックに追加された超ワイルド仕様「ウィルダネス」って何だ!?【日本導入希望】

●新型アウトバック ウィルダネス

スバルは3月31日、米国にてアウトバック ウィルダネスを発表した。これは2019年に北米に導入した新型の安心感や快適性はそのままに、機能強化で個性を際立たせたスバルSUVの新価値提案だ。

「ウィルダネス」のスペルは「Wilderness」。辞書的には「荒野」という意味。ちなみにアウトバック(Outback)は「未開の地」だから、ほぼ同じ意味の言葉を並べて、その意味を強調したモデル名である。

null

ポイントは、アウトドアシーンで頼れる走破性と機能性をさらに強化し、タフでラギットなキャラクターに磨きをかけた点。内外装に専用パーツが装着されている。

例えばフロント&リヤバンパーに取り付けられたアイテムは、アクティブな気持ちを呼び起こすとともに、車体を保護する役割も兼ね備えている。また積載性を向上させたルーフレールや、左右両方に装着した牽引フックなどの実用性の高い専用装備もおごられる。



これら機能性を併せ持つ部分にはアナダイズドイエローと呼ばれるアクセントカラーを配置。内装にもこの色をアクセントとし、ブラックとグレーのダークトーンで全体をコーディネートしている。さらにシート表皮や後席シートバックは防水性を備え、アウトドアでも気兼ねなく使えるのが特徴だ。





パワーユニットは2.4Lの水平対向4気筒直噴ターボエンジン。組み合わせるリニアトロニック(CVT)は、標準モデルに対して極低速時のトラクション性能を強化している。また高剛性ボディにバンプストローク量の大きい専用サスペンションを組み合わせ、日常での快適性を維持しつつ未舗装路での衝撃吸収や路面追従性も向上。

さらにオールテレーンタイヤも装着し、登坂路などでの走破性も強化。最低地上高は標準モデルの8.7インチ(約221mm)から9.5インチ(約241mm)と20mmほどアップ。さらに悪路走行も支援するX-MODEは、DEEP SNOW/MUDモードの対応速度域を広げている。



かなり凝った仕様で、見た目も走りもワイルドで魅力的である。まだ日本には新型アウトバックは導入されていないが、ぜひこの「ウィルダネス」も販売してほしい。ただ、スバルによれば「米国専用」とのことで、その可能性はあまり高くなさそうではあるが…。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING