2021/03/19 新車

プジョー 新型308、本国で発表! 最新プジョーエンブレムにPHEV仕様も加わった!【日本導入はまだ未定】

編集部 注)以下の記事内容は欧州市場の仕様で、日本導入仕様は導入時期も含めすべて未定です。あらかじめご了承ください。


ボディサイズはよりワイド&ローへ


「T7」と呼ばれる現行の2代目が2013年5月にデビューしてから、間もなく8年となる2021年3月18日、プジョー 308の新型が正式発表となった。308としては3代目となる新型は、今年後半からフランス・ミュールーズ工場で生産され、ヨーロッパ市場に投入される予定だ。

308

プジョーは、2月25日に新しいブランドロゴを発表した際、「3月18日に発表予定の新型308から、車体に新しいロゴが装着される」と明らかにしていたが、その姿がいよいよお披露目されたというわけだ。

【写真を見る】プジョー新型308の発表された詳細写真(全55点)

従来モデルと同様に、「T9」と呼ばれる新型308もEMP2(エフィシエント・モジュラー・プラットフォーム2)を採用。ボディサイズは、全長4367mm、全幅1852mm、全高1444mmと、従来モデルより114mm長く、37mm幅広く、16mm低くなっている。ホイールベースは55mm伸びて2675mmだ。

これにより、おもにリヤパッセンジャースペースが拡大。ラゲッジは通常時で412Lと、従来の420Lより若干小さいが、従来よりも20mm持ち上げられたフロアの下には28Lのストレージがあり、60:40分割のリヤシートを倒せば、最大で従来モデルを14L上まわる1323Lまで拡大する。


ドライバーWeb編集部・青山

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING