2021/03/19 コラム

オービスの測定値はホントに信頼できる? 否認裁判の証人、メーカー社員の発言に見る怪しさ

●東京航空計器(TKK)のオービスⅢL型


オービス点検で得た走行試験結果は勝手に書き換えられる



例えばスタートループが車両を感知した時刻、ストップループが感知した時刻、0.975をかける前のナマの速度、そういったもの、つまり測定値の正しさの裏付けとなるものをオービスは一切残さない。写真に焼き付けられた測定値だけがすべてなのである。

そうしてだ、オービスは半年に1回、定期点検をおこなう。点検のなかに「走行試験」がある。その場所を通行する一般車両、原則100台について、オービスの測定値とテープスイッチの測定値とを比較する。テープスイッチとは、タイヤの踏力に反応して車両を感知するタイプの測定装置だ。耐久性は落ちるが信頼性は高いとされる。100台について測定値を比較し、オービスの測定値はすべて0~マイナス5%、マイナス約1キロ毎時の範囲に収まっていた、とするのである。

ところが、定期点検はオービスからのケーブルとテープスイッチからのケーブルを「点検器」につないでデータを取り出す。なんと、肝心かなめ、唯一の証拠である写真に焼き付けられた測定値、との比較をやってないのだね。

しかも、である。100台の測定値をだーっと並べたものに不可解な点を被告人(運転者)が発見したことがある。社員氏はこう証言した。

社員 「あり得ない数値です…作表するときの間違いです…現場で点検器を確認したときには、異常を示すものは間違いなくありませんでした。エクセル形式で作表するとき、なぜか知らないけど間違ったものが印刷されてしまったということです」

なぜそんなことが起こったのか。

社員 「それがですね、誰かが誤った操作をしたんだと思いますが、誰もそういう意識がない。今ではわかりません」

オービスが誤った数字を出すことは考えられず、ならば人為的なミスだろう、でもどんなミスがあったのかわからない、というのである。しかも、こうも証言するのだった。

社員 「当然、正しい表を作成して(警察には)差し替えをお願いしたんですけども(笑)」

オービスの信頼性の証拠となる走行試験の結果は、メーカ-のほうで勝手に書き換えができるのだ。私はもう腰を抜かしそうなほどぶったまげた。しかし裁判は、普通に有罪、相場どおりの罰金刑(首都高速における超過74キロなので罰金10万円)だった。裁判とはそういうものなのである。

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING