2021/03/10 コラム

何分かかる?マツダ3の無償アップデートを愛車で実体験。これはマツダの神対応か!

2019年の道路運送車両法の一部改正を受け、自動車の特定改造等の許可制度を創設。2020年11月からスタートした。

これは自動運転車をはじめとする自動車の使用過程における適切なソフトウェアアップデートを確保する環境を整備するため。要するにこれから自動運転のクルマが登場することを踏まえ、アップデートによる性能向上、安全性アップなどを図るための制度。これを自動車メーカーとして初めてマツダが導入した。

マツダ3アップデート

マツダのネ申対応 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



なんとマツダ3、CX-30初期モデルを対象に無償アップデート=マツダスピリット アップグレードが開始されたのだ。

これによって、下記の3点がアップデートされる。
①マツダレーダークルーズコントロールの制御プログラム
②クルージング&トラフィック・サポートの制御プログラム
③新世代ガソリエンジンであるe-SKYACTIV X(eスカイアクティブX)搭載車のエンジンとATの制御プログラム

その内容を具体的に説明すると、
①レーダークルーズコントロールでは、追従走行時の加減速制御を穏やかで滑らかな制御に変更される
②のクルージング&トラフィック・サポートでは55km/hの作動上限速度を解除。(高速道路で)100km/hでも作動可能となる。また、高速道路渋滞時には50km/h以下のときに、車線の判読が不能な状態でも前走車を追尾する機能が搭載される。
③スカイアクティブXがパワーアップ。最高出力が180→190馬力となり、最大トルクも16Nm向上して240Nmに強化


マツダ3アップデート

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING