2021/03/02 カー用品

デリカD:5との相性抜群!カロッツェリアでドライブもっと楽しく。9型大画面サイバーナビがベストマッチ!

カーAVの人気ブランド・カロッツェリアはデリカD:5との相性が抜群。先進機能を満載したサイバーナビを美しくインストールでき、エンターテイメント性を高めるシステムアップユニットも豊富に用意している。



美しきエンタメの中枢



これからデリカD:5を購入する人や、すでに所有しているオーナーにぜひ知ってもらいたいこと。それは、センタークラスターのカーAVユニット用スペースには純正オプション品だけでなく、カー用品店やインターネットで販売されている市販のカーナビが装着できることだ。

今やカーナビは、ドライブに欠かせない存在。高性能で使い勝手のよい1台を選べば、カーライフは一層快適に。選択肢は多いほうがいい。



ここで紹介するデモカーのデリカD:5は、パイオニアが展開するカーAVブランド・カロッツェリアの最新システムで仕上げた1台だ。

メインユニットは、同社のフラッグシップカーナビ「サイバーナビ AVIC-CQ911-DC」。これをオプションのデリカD:5専用取り付けキット「KLS-M901D」を使って装着。そのフィット感は写真のとおり。純正品と同等で、さらに凹凸がなく美しいフルフラットのフロントパネルと、鮮やかで高精細な9型HDディスプレイが高級感を醸し出す。



ボリュームやソース切り替えは純正のステアリングスイッチで操作でき、オプションのバックカメラ変換コードを使えばマルチアラウンドモニターの映像表示にも対応する。

AVIC-CQ911-DCは、docomo in Car Connectに対応する「ネットワークスティック」を標準搭載し、オンライン機能が使い放題(1年間は通信料無料。2年目以降は定額1万2000円/年)。専用サーバーから最新の渋滞情報や駐車場満空情報、検索データなどを取得できるうえ、YouTube映像のストリーミング再生や地図データの更新(最大3年間無料)も可能。

また、車載Wi-Fiルーターとしても使え、手持ちのスマホやタブレット端末、通信対応ゲーム機、Amazon Fire TV Stickなどのネットワーク機能も活用できる。市販カーナビ屈指の充実したエンターテインメント機能を誇る。

このほかのシステムアップユニットも充実。「カスタムフィットスピーカー」や「サブウーファー」を組み合わせるとさまざまなAVソースを迫力たっぷりの高音質で味わえる。

さらに「プライベートモニター」や「フリップダウンモニター」を接続すれば、好きな映画やライブビデオを高画質&大画面で存分に楽しめるのも魅力だ。

[専用モデルのようにジャストフィット]


●インテリアに自然に溶け込むデザイン。9型の大画面は視認性抜群だ


●オーディオの主要機能は純正のステアリングリモコンでコントロール可能


●オプションのバックカメラ変換コードを使えばマルチアラウンドモニターを表示できる


ネットワークスティックでオンライン機能を使い放題


●サーバーのスマートループ情報や最新交通情報を活用したスーパールート探索を搭載
サイバーナビ AVIC-CQ911-DC
価格:オープン(実勢価格:23万1000円前後)



●スマホを用いずYouTubeの再生が可能。映像はHDディスプレイならではの高精細。業界トップレベルの高性能を搭載。ナビ機能もエンタメ機能も充実している


●通信モジュールのネットワークスティック。1年間は無料で2年目以降は1万2000円/年

充実のシステムアップユニット

カスタムフィットスピーカー TS-C1730S
価格:3万5200円
null


●17cmウーファーをドアのスピーカースペース、ツイーターをダッシュボードに設置

30cm パワードサブウーファー TS-WX300A
価格:3万3000円

●荷室にパワーアンプ内蔵サブウーファーを装着。手軽に迫力ある重低音を生む

プライベートモニターTVM-PW1000
価格:オープン(実勢価格:5万円前後)

●前席ヘッドレストに10.1型WXGAディスプレイ搭載の後席モニターが備わる

フリップダウンモニターTVM-FW1300-B
価格オープン(実勢価格:12万円前後)

●バックフリップ機構に13.3型フルHDディスプレイの組み合わせ。迫力の映像が楽しめる

〈文=浜先秀彰 写真=澤田和久〉

〈問い合わせ先〉
パイオニア
0120-944-111
http://carrozzeria.jp/

ドライバーWeb編集部