2021/02/20 ニュース

<最新号>ドライバー2021年4月号が発売。新型ヴェゼルを大紹介/総力特集 最新注目モデルをイッキ乗り!/2020年の生産終了車を誌上お炊き上げ!ほか登場モデルが充実<2月20日>

2021年2月20日、「ドライバー2021年4月号」が発売となりました。
 
ドライバーは、旬のクルマ情報を、詳しくわかりやすく、そして楽しくお届けする総合クルマ雑誌です。
 
 
2104_driver
新型ヴェゼルの今わかると全部を詳細解説
 
今号のトピックは2月18日に世界初公開となった新型ヴェゼルの解説。といっても価格はもちろんスペックほか、すべてが公開されたわけではありません。でも、目の前にあるのはシューカーではなく、ほぼ量産モデル。見て、触れて、感じたこと。そのすべてをお届けします! 初見で「ええっ!?」と驚いた人も多いハズの新型ヴェゼルの解説、スタートです!
 
 


2104_driver
バーチャル出展物を一挙に公開!
幻の東京オートサロン2021
 
新型コロナウイルス感染拡大の影響によって年始の風物詩「オートサロン」が中止。ウェブサイト上でのバーチャル出展となってしまった。魅力的なモデルが勢ぞろいしたのにもったいない……。というわけで、ここに注目車種を一気に紹介。カスタム熱は止まないのだっ!
 
 

2104_driver
総力特集 2021最新注目モデル、イッキ乗り!
 
2021年もじゃんじゃん乗りまっせ! ということで、2020年末から2021年の初めにかけて話題をさらった注目モデルを一気に試乗! ライバル車比較や雪道新旧乗り比べ、話題の水素カーやEV、深化し続けるモデルまで41ページの総力特集です!
 
 

2104_driver
険しき王者への道のり
ノート vs 国産車&輸入車ライバル比較
 
2020年2月10日に発売されたヤリスと、14日に発売されたフィット。未曽有の事態となったコロナ禍でも切磋琢磨(せっさたくま)しコンパクトカー界をけん引してきた。
が、しかし、ここへ来て絶対王者ノートが降臨! 同じプラットフォームを分けた兄弟でもルーテシアも含め、売れてるコンパクトカー4台を徹底比較してみた!
 
 

2104_driver
新旧レヴォーグ“スノー・エクスプレス度”検証
 
かつて最強のゲレンデエクスプレスとして世にその名を知らしめたレガシィツーリングワゴン。その血筋を継ぎスポーツツアラーを標榜したレヴォーグも、ハードウェアを刷新した2代目に進化。新型の真価を探るべく、先代を連れ出し向かった先は白銀の世界。また似合っちゃうんだなぁ、これが。
 
 
2104_driver
水も滴るいいクルマ
トヨタ ミライ試乗
 
2020年12月にフルモデルチェンジを実施して第2世代に進化した燃料電池自動車(FCV)のミライ。新型は乗車前/乗車中/乗車後のそれぞれの瞬間で「このクルマが欲しい!」と思わせる未来のプレミアムカーとして開発を行ったという。公道試乗でその真価を確かめてみた。
 
 

2104_driver
真打ち登場。「人馬一体」の走り、極まる
マツダ MX-30 EVモデル試乗
 
マイルドハイブリッド車の投入から3カ月。マツダ初の量産電気自動車(EV)である「MX-30 EVモデル」がついに国内に投入された。「人馬一体」の走りを追求するマツダの本気がEVで超絶深化! 思わず顔がほころぶその走りとは?
さらに、ますます増殖する「日本で買える国産・輸入EV」を紹介します。
 


2104_driver
マツダ内燃機の潜在能力
マツダ3 スカイアクティブX/D試乗
 
見た目には手を加えず、走りの理想を追求……。マツダ3改良の注目点は、スカイアクティブX/Dのアップデートが体感できるかどうか。新旧比較で徹底検証!
 

 
2104_driver
誌上お炊き上げで送る
ありがとう2020年の生産終了車
 
魂がこもったお札やお守りなどを焼いて供養するのがお焚き上げである。本誌ではコロナ禍が渦巻いた2020年に惜しまれつつ生産終了となったクルマたちに敬意を込めて、誌上のお焚き上げを行った。それぞれクルマ界に貢献した崇高なる1台として、感謝の心をもって送り出したい。
 
 

2104_driver
新連載スタート!
恋せよMT連載 第1回 ちょい古MTスポーツで遊べ!
 
今さらマニュアルですか?なんて言わないで。いつかは、いや近い将来なくなるかもしれないMT(マニュアルトランスミッション)、乗れるうちに楽しんでおこう!今回は、当時憧れだったMTスポーツに今乗ったら楽しいのか?を検証する!
 
 

2104_driver
唯一無二のオールラウンダーをより輝かせるWhat’s NEW
デリカD:5 カスタムスタイルセレクション2021
 
正直、ミニバンとしての性能で見たら、ライバルに劣る点は少なくもない。でも、それはこのクルマの欠点には当たらないはず。圧巻の走破性を多人数で共有できる世界でも類を見ないモデルとして、発売以降、根強いファンに支持されているデリカD: 5。その個性をより引き立てる方法を、ここでは厳選して紹介しよう。こんなにカッコいいミニバン……ほかにないだろ。
 
 
このほか、欧州ナンバー1の実績を引っさげて国内投入されたルノー キャプチャーの試乗や、先進機能満載の「カロッツェリア」のカーナビゲーションの楽しみ方、なども紹介。好評連載中の「峠狩り」は茨城県と栃木県の境にある「境の明神峠」を狩ります。そして、じつは動物カメラマンの三好秀昌の「ニッポン探訪」では、温泉につかってほっこり気分も味わえちゃう!? な「ニホンザル」を撮影するなど、盛りだくさんの内容でお届けします。
 
 
ドライバー2021年4月号は、650円にて発売中です。
 
お求めは全国の書店・コンビニ、ネット販売にて!

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING