2021/02/18 新車

これが新型ヴェゼル。ついに世界初公開…フロントグリルがボディ同色の理由とは?



インパネもシンプル&クリーンな水平基調


さてインテリアを見てみると、エクステリア同様にやはりシンプル&クリーン。先代のインパネはホンダ車のなかではとても特徴ある雰囲気だったが、新型はフィットにも通じる大胆な水平基調。ソフトパッドの使用範囲も広く、コンパクトSUVのなかでは平均以上の質感の仕上がりだ。ただシンプルなだけでなく、センタークラスターのデザインや色使いなども絶妙。ヴェゼルらしい遊び心も忘れていない。


●e:HEV プレイ

●e:HEV Z

シートの骨格やマットは新型フィットのものと同様。ホンダではスタビライジングシートと呼んでいるもので、クラスを超えた座り心地を提供する。表皮にもアクセントがあって、見た目の質感も高い。現状、本革シートの案内はなかったが、オプションなどで設定されるのかもしれない。


●メーターは全面液晶タイプ(写真はe:HEV プレイ)

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING