2021/02/18 新車

これが新型ヴェゼル。ついに世界初公開…フロントグリルがボディ同色の理由とは?

フィットも「グリルレス」イメージ



ホンダは2月18日、新型ヴェゼルを世界初公開した。今回公開されたのはデザイン含む概要のみで、価格及びスペックなどは未公開。パワートレーンは1.5+モーターのe:HEVと、1.5Lガソリン+CVTの2機種。いずれもFFと4WDをラインアップする。正式発表は4月だ。


●e:HEV Z

注目を集めるのは、やはり「フロントグリルのボディ同色」の件だろう。なぜこうなったのか? 担当デザイナーに話を聞くと、現行フィットのグリルレスデザインの考え方がベースになっているという答えだった。また、EV(のデザイン)の普及により、グリルレスに対する世の中の違和感が薄らいできたことも背景にあるとのこと。

ホンダは、ホンダeやフィットに代表されるように、シンプルでクリーンなデザインに舵を切り出している。「それは日本とか欧州向けだけじゃない?」と思いきや、先日プロトタイプが公開された新型シビック セダンも、じつはデザイン要素がじつにシンプルになっている。グローバルに新しいホンダデザインが広がりつつあるとみていいだろう。

【ホンダ新型シビック セダン世界初公開。ちょっとシンプルになった?】


●e:HEV Z

そんな流れを受け、新型ヴェゼルもシンプルでクリーンなデザインを打ち出した。ちなみにヴェゼルのグリルが六角形なのは、これも先日大幅フェイスリフトを実施したオデッセイから。バンパー下部の頼もしさはCR-Vと激似。つまり、周辺機種のデザイン要素も新型ヴェゼルに盛り込んでいるのだ。


●e:HEV Z

ボディサイドやリヤに目をやると、シンプル&クリーンな印象はさらに際立つ。ふくよかで柔らかな面が特徴。ワンモーションフォルムに近かった先代ヴェゼルと比べるとボンネットは水平でSUVらしいし、Aピラーもグッとキャビン側に後退している。


●e:HEV Z

ボディ全長が長くなった?と勘ぐってしまったが、じつはほぼ先代と同寸とのこと。フロントからリヤまで一気に伸びたキャラクターラインが、伸びやかさを演出。全高も少し下げられたようだ。


●リヤドアのドアノブ位置はここ。先代ヴェゼルから継承する

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING