2021/02/02 新車

トヨタ カムリが一部改良。目指したのは進化よりも深化…?

トヨタは2月1日、カムリの一部改良を発表。同日より発売を開始した。価格は348万5000〜467万2000円。

今回の改良では、WS、WSレザーパッケージはよりスポーティに、G、Gレザーパッケージ、Xはより華やかにそれぞれの個性を引き立てた。

【画像ギャラリー】カムリの顔がちょっと変わった!

フロントバンパー、ヘッドライトおよびリヤコンビネーション加飾、フロントロアグリル、アルミホイールなどのデザインを変更(一部グレードを除く)、さらにインパネなどの加飾も変更されている。また、標準装備のディスプレイオーディオは8インチから9インチへとサイズアップ。新規設定色のプレシャスメタルをはじめとするモノトーン5色、2トーン2色を設定している。

予防安全パッケージ、トヨタセーフティセンスの機能も最新版へとアップデート。レーントレーシングアシストやドライバー異常時対応システム採用のほか、レーダークルーズコントロールにカーブ速度抑制機能を追加。プリクラッシュセーフティの検知対象に夜間の歩行者および昼間の自転車運転者を加えるとともに、交差点右折時の対向直進車・右左折時の対向方向から来る歩行者の検知機能、救急時操舵支援、低速時加速抑制機能なども追加されている。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部