2021/02/04 新車

欧州で激売れなルノー キャプチャー新型が日本上陸。価格も挑戦的!

ルノー・ジャポンは2月4日、新型キャプチャーを発表した。価格は299万〜319万円で、2月25日から販売を開始する。

キャプチャーは、2013年に初代がデビュー。以来、2019年までに世界で170万台を販売したコンパクトSUVだ。2020年も、欧州で販売されたすべてのSUVのなかで販売台数1位となり、高い人気を誇っている。

今回発表された2代目は、デザイン、プラットフォーム、パワートレーンを一新。品質、機能、装備の面でクラスを超えた進化を遂げた。



【画像ギャラリー】内外装に際立つ質感の高さ。新型ルノー キャプチャー

そのデザインは、しなやかなアスリートの筋肉を彷彿させる躍動感が特徴。エレガントな曲線が官能的で、都会の街並みにもよく似合う洗練されたフレンチデザインだ。カテゴリーとしては欧州Bセグメントに属するが、昨今のダウンサイザーにも満足してもらえるよう、十分な品質や質感を備えている。

プラットフォームは、ルノー・日産・三菱のアライアンスにより新開発された高剛性かつ軽量なCMF-Bプラットフォームを採用。なおこの車台はルーテシアと基本的には同じものだが、重心の高いSUVに最適化されているとのこと。

また高出力・高トルクが売りの1.3L直噴ターボエンジンもルーテシアと同型だが、重量増に対応するためスペックアップ(最高出力は23馬力増の154馬力、最大トルクは30Nm増の270Nm)。トルクウエイトレシオはB/CセグメントSUVトップとなる4.9kg/Nmを誇る。トランスミッションは7速のツインクラッチ式。WLTCモード燃費も17.0km/Lと競合車に負けていない。駆動方式はFFのみだ。

荷室容量も536Lとクラストップレベルを誇る。後席は前後に160mmスライド可能で、乗員/荷室スペースのやりくりができるなど使い勝手面にも配慮が行き届いている。

先進安全運転支援システムも勢揃い。全車速域対応型のアダプティブクルーズコントロール(ACC)はもちろん、車線中央維持支援機能(先行車ありの場合は約0〜160km/h、先行車なしの場合は約60〜160km/hでそれぞれ作動)も搭載。さらに、360度カメラなども採用する。

ラインアップは、2機種。インテンスが299万円、車線中央維持支援やレザーシートなどがおごられるインテンス テックパックが319万円。

ボディカラーは、全車2トーンカラー。オランジュ アタカマメタリックを選択すると、インテリアは華やかなオレンジ内装になる。それ以外は、ブラック基調の内装色だ。

現行ルーテシアの出来栄えは相当高い。その基本性能を受け継ぎ、SUVならではの機動性と使い勝手、たくましくも優しげなルノーらしいデザイン…要チェックなモデルと言えよう!

〈文=ドライバーWeb編集部 写真=岡 拓/ルノー・ジャポン〉

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING