2021/02/02 カー用品

動くストリートビューが撮れちゃう! カーメイトのダクション 360 Sで臨場感たっぷりのオモシロ映像を撮影できるキャリヤアタッチメントを発売|カーメイト|

カーメイトは、アクションカメラとしても使える全天球360度ドライブレコーダー「d’Action 360 S(品番:DC5000)」(以下ダクション 360 S)のオプションとして、車上から360度を撮影できる「ルーフキャリアアタッチメント(品番:DC8)」を2021年1月26日に発売した。価格はオープン。

ダクション
 
ダクション 360 Sは車内のフロントウインドー上部に設置することで、車両前方のほか車内や窓越しに左右・後方の車外の様子を360度撮影できるドライブレコーダー。万が一の事故の際にその状況を記録できるほか、あおり運転対策として活用できるもの。
 
そして、別売りの「バッテリーオプション(品番DC101)」を利用することでアクションカメラとして、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツや、キャンプなどのアウトドア、屋内でのパーティなどさまざまなアクティビティに活用できる1台2役のアイテム。
 
スマートフォンにインストールした専用アプリでリアルタイムに映像の確認できるほか、設定や操作が可能。

Carmateが提案する新スタイルの360°カメラモデルをオススメする4つのPOINT|d’Action 360 S|




自車のルーフから約60cm高い位置から全天球映像を記録
 
今回発売した「ルーフキャリアアタッチメント」は、アクションカメラモードにした本体を取り付け、同社のルーフキャリヤに設置することでルーフから約60cm高い位置から自車の周囲を全天球360度のパノラマ撮影ができるようになる。まるでグーグルマップのストリートビューのような映像を動画で記録できるのだ。
 
この「ルーフキャリアアタッチメント」は同社の車載キャリヤブランド「INNO(イノー)」のノウハウを生かして開発された。
 
観光ドライブで使えばすばらしい自然の風景を撮影できたり、自転車レースのサポートカーに取り付ければレースの状況を撮影できたりと、インパクトたっぷりの映像が楽しめる。

ダクション
 
このほか、大型トラックを運転する際の運行ルート検証といった業務用としても使えるなど、さまざまな用途で活用可能だ。
 
「ルーフキャリアアタッチメント」の撮影時はポールを立てて使用し、使用しないときやカメラの着脱時は倒せる。
 
ダクション

ダクション 360 Sにバッテリーオプションを装着することで、約65分間の連続撮影ができる。動画だけでなく静止画撮影も可能で、撮影した素材をスマートフォンにインストールした専用アプリでいろいろなビュー(アングル)で楽しめるほかSNSなどに投稿することもできる。

ダクション

ダクション
 
【全天球360度撮影】「ダクション 360 S」のアクションモード撮影をもっと手軽に使いやすくする、予備バッテリーと充電器を発売【カーメイト】

一般的なドライブレコーダーでは万が一のトラブルやアクシデントの時にしか映像を見ることはないが、ダクション 360 Sなら使い方しだいで全天球360度の映像をアクティビティの楽しさをさらに広げたり、映像から得られる情報を活用できるのだ。
 
 

ダクション
[製品概要]

・製品名:ルーフキャリアアタッチメント
・品番:DC8
・サイズ:高さ160mm×幅640mm×奥行き190mm
・製品重量:1720g
・価格:オープン(カーメイト公式オンラインショップ価格:3万5200円)
・発売日:2021年1月26日
 
 
「ルーフキャリアアタッチメント(品番:DC8)」製品詳細

 
 
〈文=ドライバーWeb編集部〉

■問い合わせ先
カーメイト
TEL:03-5926-1212
https://www.carmate.co.jp/

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING