2021/01/24 モータースポーツ

【トヨタが1-2-3!】王者オジエが総合首位に浮上! 上位3台をトヨタが独占。【WRC ラリー・モンテカルロ Day3】

●TGRのセバスチャン・オジエが総合首位に返り咲く


WRC 2021 第1戦

第89回 ラリー・モンテカルロ 2021

日時:1月21~24日

サーフェイス:ターマック/スノー/アイス

SS総走行距離:257.64km(SS数14)

サービスパーク:ギャップ



2021年シーズンのWRC開幕戦、ラリー・モンテカルロは、デイ3までに10本のSSを終え、TGR(トヨタGAZOOレーシング)のセバスチャン・オジエが総合首位に浮上。チームメイトのエルフィン・エヴァンスが2位、同じくカッレ・ロバンペラが3位に着け、TGRのヤリスWRCが1-2-3体制で最終日を迎える。日本人ドライバーの勝田貴元は、総合6位までポジションアップを果たしている。

オジエが大差をつけるスーパータイムで首位へ


デイ3は3本のSSが待ち受ける。午前に2本、午後は午前の1本目をリピートする。デイ1、2とウェット路面が続いたが、この日はスノーとアイスが中心のモンテカルロらしい路面コンディションとなった。まだ日が上らない、朝6時半にスタートしたラリー。オールスノーとなったオープニングのSS8でベストタイムを奪ったのは、TGRのオジエだった。ステージ2番手タイムのエヴァンスに17.8秒の大差をつけ、ここで一気に総合首位へ返り咲く。

01_Monte_Day3
●地元で地の利があるオジエに唯一対抗できている、エヴァンス。今季も目が離せない存在だ

初日首位、前日まで総合3位に着けていたヒョンデのオィット・タナックは、パンクに見舞われて大きくタイムロス。総合5番手にまで後退する。さらにタナックは、続くSS9でもパンク。スペアタイヤを使い果たしリタイヤに追い込まれてしまう。タイヤテストが十分にできず、性能を掴みきれていないと、トップクラスのドライバーにもこのようなことが起こってしまう。タナックは、そんな弊害の被害者第1号となってしまった。

01_Monte_Day3
●調子の上がらないヒョンデ勢のなかで唯一TGR勢と渡り合っていたタナックだったが、2年連続リタイヤという悔しい結果に

オジエはその後の2本のSSも、ベストタイムではないものの無事走りぬき、総合首位をキープした。2位には13.0秒差で、チームメイトのエヴァンスが続く。3位はタナックの脱落によりロバンペラが浮上してきた。これで、TGRのワークス3台が上位独占となり、最終日の4本のSSを残すのみとなった。

01_Monte_Day3
●ハタチの若者とは思えないほどクレバーな走りで3位を走るロバンペラ

“若武者”勝田貴元は、日を追うごとに徐々に適応していき、タイムをアップさせてきた。ステージのスプリットでは全体トップのタイムを出すときもあり、トップドライバーと並ぶ速さを見せてきている。この日2本目のSS9では、オジエよりも上の5番手タイムをマーク。総合の順位は前日から2ポジション上げ、6位で最終日を迎える。

01_Monte_Day3
●初日にはスピンを2回もしてしまったが、その後は徐々にポジションを上げてきた勝田。その速さに世界が注目する

総合3位のロバンペラが首位のオジエと1分近く離れてしまったため、優勝候補はオジエとエヴァンスに絞られたと考えられるかもしれない。だが、ここはモンテカルロ。1つのステージで何十秒もロスする可能性もある、トリッキーなラリーだ。最後まで優勝が誰かはわからない。最終日デイ4は、SS合計54.48kmで争われる。

01_Monte_Day3

<写真=Redbull/TGR 文=ドライバーWeb編集部・青山>


ドライバーWeb編集部・青山

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING