2021/01/19 新車

さらに楽しくなる?N-ONE RSにモデューロ・アイテムを装着してみた!

フルモデルチェンジしても見た目を大きく変えなかったN-ONE。でも、装備や走りが大幅に進化…そして6速MTを搭載したRSに拍手喝采! そのRSの走りをもっと高める専用アイテムが用意された。どんな乗り味になる?


スポーツじゃないちょうどよさ



ホンダのRSモデル。一時さまざまな車種に展開されていたが、フィットのRSが消えたことで、残すはN-ONEだけとなった。スポーツまではいかない、ちょうどいいスポーティさ。5ドアだし、日常でも使い勝手がいいN-ONE RSに注目している人も多いと思う。しかも新型は、CVTのほかに軽自動車初となるFFターボ+6速MTも用意されている。

ベース車でも、十分に楽しい。でも人の欲は深いもので、「もう少しスポーティに走らせたい…」。そんなニーズをフォローするのが、「N-ONE RS モデューロ・アイテム」だ。


●N-ONE RS モデューロ・アイテム装着車

ホンダアクセスが手がけるブランド、モデューロの価値である「コントロールする喜びの提供」をコンセプトに、サスペンション、ディスクローター(ドリルドタイプ)に加えて15インチアルミホイールという3種類を用意している。

早速走らせてみると、一般道での速度域では「ちょっと足が硬くなった?」とうっすら感じるレベル。首都高速に乗り込めば段差の乗り越えに確かな硬さを覚えるが、ベース車のふわふわしたフィーリングが消えてタイヤの接地感が高まっている。快適性とスポーティさをうまく両立した絶妙なストローク感に好印象だ。

【画像ギャラリー】N-ONE RSにオススメ!純正アクセサリー装着で走りも見た目もGOOD!

つい笑みがこぼれる楽しさ!


そしてワインディングではまさに水を得た魚のよう。旋回時の姿勢がバシッと決まり、いわゆるオンザレール感を高いレベルで実現できている。ガチガチの足とは違ってしっかりストロークするから、コーナリング中に路面状況が変わってもすっぽ抜けることがなく安心。試乗車は6速MTだったからなおさらで、合法的なスピード域でもリズミカルに走らせられてつい頬がゆるむ。「日常からワインディングまでRSの走りのよさを楽しめる」といううたい文句に偽りはない。その分、ベース車と比べてしまえば、後席に座る人の快適性には目をつぶるシーンがあることは付け加えておきたいと思う。


●N-ONE RS モデューロ・アイテム装着車

丸目のかわいらしい外観に、RSは大型のリヤスポイラーを装着。さらにホンダアクセスのドリルドタイプのディスクローターやホイールを装着すればさりげなくもスポーティなルックスと機能が手に入る。遊び心にあふれたデカールやエンブレム類もふんだんに用意されているから、自分好みのN-ONE RSに仕上げて2021年もカッコよくスポーティな走りを楽しんでいこう!

〈文=ドライバーWeb編集部 写真=山内潤也〉

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING