2021/01/16 新車

イマドキのキャデラックはファストバックスタイルで自動車税も安い! 新型ミドルセダン「CT5」販売開始


ゼネラルモーターズ・ジャパンは、2021年1月15日にキャデラックブランドのミドルサイズサルーン「CT5」を発表した。翌1月16日より販売を開始し、デリバリーは21年の3月からを予定している。価格は560万円から。

CT5

セビルから続く伝統のラグジュアリーセダンが、キャデラックのラインアップに復活した。従来モデルのCTSから名称をCT5へ変更し、プラットフォームも一新。「アルファアーキテクチャー」と呼ばれる、軽量化と高剛性を両立させた最新FRシャシーを新採用した。パワートレーンは、2L直4の直噴ダウンサイジングターボに10速ATを組み合わせ、グレードによってFRと4WDが用意されている。

【画像ギャラリー】キャデラック CT5 詳細画像


外観を見ると、オーソドックスな3ボックスではなくファストバックスタイルになっていることに気づく。サイドビューはトヨタ クラウンのように伸びやかなフォルムだ。欧州Eセグメントに属するボディサイズで、全長×全幅×全高の3サイズは4925mm×1895mm×1445mm。従来モデルのCTSからは全長-45mm×全幅+55mm×全高-20mmそれぞれ変更され、ライバル車でいうとアウディ A6やレクサス ESが近いサイズ感だ。

CT5

デザインは、フラッグシップセダンのCT6と同様にコンセプトモデルの「エスカーラ」にインスパイアを受けた、最新キャデラックのデザインが採用されている。ヘッドライトは限りなく小型化し横長に配置され、デイライトがバンパー両端で縦長に光る。伝統のメッシュグリルはグレードによってカラーが変わり、プラチナムがシルバー、スポーツがブラックとなっている。

CT5

キャデラックらしいラグジュアリー感が生きるインテリアでは、10インチのタッチスクリーン式大型センターディスプレイが目を引く。12インチのフルディスプレイメーターや、カラー表示のヘッドアップディスプレイ、15スピーカーのBOSEサウンドシステムなども含め、すべてが全グレード標準装備となる。

CT5

最新のセーフティデバイスであるADASも、レーダーやカメラ、超音波センサーを駆使した20以上の装備を搭載。ナビゲーションシステムにも、最新の地図データを常にストリーミングする「クラウドストリーミングナビ」を標準装備し、まさに至れり尽くせりだ。

CT5

キャデラックらしい高級感はそのままに、最新のデザインと装備で武装されたCT5は、国産車やドイツ車に飽きてしまった大人の新しい選択として最適な存在なのかもしれない。





■CT5 プラチナム (FR・10速AT) 
主要諸元
【寸法・重量】
全長:4925㎜ 
全幅:1895㎜ 
全高:1445㎜ 
ホイールベース:2935㎜ 
車両重量:1680㎏ 
乗車定員:5人 

【エンジン・性能】
型式:LSY
種類:直列4気筒DOHCターボ
総排気量:1997cc
ボア×ストローク:83.0mm×92.3mm
最高出力:177kW(240ps)/5000rpm 
最大トルク:350Nm(35.6kgm)/1500~4000rpm
使用燃料・タンク容量:プレミアム・66L

【諸装置】
サスペンション:前ストラット/後マルチリンク 
ブレーキ:前後ディスク 
タイヤ:前後245/45R18 

【価格】
560万円(消費税率10%込み)




GMジャパン・カスタマーセンター
0120-711-276
www.cadillacjapan.com/



ドライバーWeb編集部・青山