2020/12/24 新車

ホンダ N-BOXがマイナーチェンジ。王者らしい改良内容の全貌とは?

●N-BOX Lコーディネートスタイル/N-BOXカスタム Lターボ コーディネートスタイル

3年連続四輪車総合ナンバー1!



2017年に現行の2代目が登場して以来、3年連続で四輪車総合ナンバー1に輝き、売れに売れている軽スーパーハイトワゴン「N-BOX」。同車が2020年12月24日に現行モデルで初となるマイナーチェンジを実施した。価格は標準系が142万8900〜202万2900円、カスタム系は176万9900〜223万3000円。


●N-BOX EX/N-BOXカスタム Lターボ

2011年に登場した初代モデルは、センタータンクレイアウトや低い床面高を基本に軽自動車の枠内ながら広い室内空間を生み出し、大きなインパクトを与えた。使い勝手のよさや高い走行性能とともに、軽の概念を一新して同市場のなかでのゲームチェンジャーになった。

17年にフルモデルチェンジを実施して現行の2代目に進化。プラッフォフォームも一新され、先進安全装備のホンダセンシングを採用するなど安全性能を軸にしながら、スロープ仕様も取り込んで同時開発し、日常使いできる福祉車両として展開。じつはN-BOX、福祉車両としても2年連続で四輪車ナンバーワンを獲得している。

ホンダによるとN-BOXの強みは、デザイン性、安全性、室内空間、走行性能といったすべての領域で“質の高いクルマ”として評価されている点。今回のマイナーチェンジは王道の強みを伸ばす進化を行い、外観、内装、安全性能といった部分をさらに一段磨き上げるとともに、より多くのユーザーに選ばれるようにこだわりの個性を刷新したという。

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING