2020/12/21 カー用品

【モニター募集あり】“まるで純正”をさらにブラッシュアップ。好評のジムニー専用ドリンクホルダーにハイエンド仕様が登場|カーメイト|

カーメイトは現行型ジムニー/ジムニーシエラ(JB64型/JB74型)専用設計・デザインの「ジムニー専用 ドリンクホルダー2」の先行販売を2020年12月17日(木)に開始した。価格はオープン。

NZ810
 
「ジムニー専用 ドリンクホルダー2」は、2019年10月に発売した従来製品が好評だったため、一部仕様を変更するとともにブラッシュアップ。ジムニーの最上級グレードにもマッチするよう、さらなる上質感を追求してデザインしたハイエンドモデルとして追加する。本発売は2021年1月上旬を予定している。
 
従来製品の「ジムニー専用 ドリンクホルダー」は、“まるで純正”をコンセプトに発売以降、その販売数量は2020年11月末現在でジムニー車両販売台数の約3割という、車種専用ドリンクホルダーとしては異例といえるほどの実績となっている。
NZ588
●2019年10月に発売した「ジムニー専用 ドリンクホルダー(品番:NZ588)」

 
背景には、InstagramなどSNSを通じて使用シーンが拡散されるとともに、レビューにおいても満足度の高いコメントが多く投稿されたことが引き金となり、販売実績に結びついているとみられる。
 
カーメイトでは、現在販売されているJB64型ジムニーおよびJB74型ジムニーシエラのグレード構成比を調査。その結果、最上級グレードの販売比率が全体の79%(ジムニーXCが76%、ジムニーシエラが86%、2020年12月インターネット上同社調べ)を占めていた。

 
そこで、最上級グレードに標準装備される“ブロンズメタリックエアコンサイドルーバーリング”のデザインを取り入れるなど、エアコン部分のイメージを踏襲し、質感を高めた製品として「ジムニー専用 ドリンクホルダー2」を開発。さらに使用しないボルト穴を塞ぐためのキャップを新たに付属し、質感を高めるなど、従来製品のユーザーからの要望にも応えた。

NZ810  

「ジムニー専用 ドリンクホルダー2」は、車両のボルト穴に付属のボルトと両面テープで固定するため、ラフロードの走行時もガタつかないのがポイント。両面テープは車内の高温に耐えられ、製品を取り外した際にもノリ残りのないものを使用している。
 
ドリンクの収納部は無段階で調整可能な「フレキシブルウォール」を採用することで、コンビニコーヒーなどのカフェカップから太めのペットボトルまでさまざまな容器のサイズに対応する。
 
NZ810

「ジムニー専用 ドリンクホルダー2」は、運転席のステアリング脇のスペースのほか、助手席の乗降グリップ、運転席もしくは助手席のドアグリップにも設置可能。ドリンクを取りやすい場所に好みにあわせて取り付けられる。

NZ810

助手席側やドアグリップ部に装着した場合は、本体下部にあるコンビニフック(耐荷重は1kg)も利用できるので、利便性が高まる。

NZ810



NZ810

[製品概要]

■製品名(品番):ジムニー専用 ドリンクホルダー2(NZ810)
■価格:オープン
■製品サイズ:126mm×100mm×95mm
■製品重量:136g
■生産国:中国
■先行発売日:2020年12月17日
※本発売は2021年1月上旬を予定
■適合車種:
スズキ ジムニー/ジムニーシエラ(JB64型/JB74型2018年7月~)専用
※2020年10月現在、以降は未調査
 
先行販売ほか製品情報


 発売を記念して30人の製品モニターを募集中!!

「ジムニー専用 ドリンクホルダー2」の先行発売を記念して、該当車種のオーナーを対象に「ジムニー専用 ドリンクホルダー2 モニタープレゼントキャンペーン」を2020年12月23日まで実施中だ。気になる人はこの機会にぜひ応募してはいかがだろう。
 

[製品モニター募集概要]

・当選者数:30人
・応募期間:2020年12月17日10:00〜2020年12月23日23:59
・応募条件:ジムニー/ジムニーシエラ(JB64型/JB74型:2018年10月~)を所有している人。使用した感想や画像などをカーメイトのWebページなどへの掲載に同意できる人。キャンペーンの応募にはSNSやブログなどのアカウント(公開アカウント)が必要
・対象商品:NZ810 ジムニー専用 ドリンクホルダー2
・応募方法:下記リンク参照のこと
https://www.carmate.co.jp/news/news/accessorie/campaign2.html
 
 


■製品の問い合わせ先
カーメイト
TEL:03-5926-1212
https://www.carmate.co.jp/

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING