2020/12/16 ニュース

角田裕毅選手、F1参戦決定! 来季よりアルファタウリでガスリーのチームメイトに

ホンダの育成ドライバーとして、2020年のF2(フォーミュラ2)世界選手権に参戦していた角田裕毅選手が、2021年シーズンのF1ドライバーとしてスクーデリア アルファタウリ ホンダで参戦することが、2020年12月16日に発表された。


●11月には2018年型マシンで初のF1テストに臨んだ

角田選手は神奈川県相模原市出身で現在20歳のレーシングドライバー。佐藤琢磨選手をはじめ、数々のドライバーを輩出しているSRS(鈴鹿サーキットレーシングスクール)の出身で、現在はホンダ フォーミュラ ドリーム プロジェクトとレッドブル ジュニアチームに所属している。


●スクーデリア アルファタウリのレーシングスーツを着用する角田裕毅選手

F4、F3と着実にステップアップしてきた角田選手は今季F2に参戦。初参戦ながら優勝3回、ポディウム獲得7回とシーズンを通して速さを見せ、ポイントランキング3位に輝いた。この結果によって、F1参戦の条件であるスーパーライセンスを取得。2021年シーズンから、ホンダ製パワーユニットを搭載するスクーデリア アルファタウリのマシンに乗り、フル参戦する。


●F2では並み居る強豪を抑えて、ランキング3位を獲得した

日本人のF1ドライバーの誕生は、小林可夢偉選手以来7年ぶり。チームメイトは、今季イタリアGPで自身の初優勝をはたした、ピエール・ガスリーとなる。



●最終戦のバーレーンで見事にポール・トゥ・ウイン。スーパーライセンス取得の条件をクリアした

以下は、ホンダのプレスリリースに記された角田選手のコメント。
「レースの世界で戦う多くのドライバーと同じように、僕にとってもF1ドライバーになることは、小さな頃からの夢でした。ですので、来年からF1の舞台でレースができることを本当にうれしく思っています。僕にこのような機会を与えてくれたAlphaTauri、Red Bull、ヘルムート・マルコ博士、それに僕のキャリアを長年にわたりサポートし、欧州で戦うチャンスをくれたHondaにはとても感謝しています。また、今年F2を一緒に戦い、僕に多くのことを教えてくれたCarlinをはじめ、これまでのキャリアで所属してきたすべてのチーム・関係者の皆さんにも、この場を借りて感謝の言葉を送ります。僕が来年F1でレースをすることは、日本で応援してくれるファンの皆さんの夢を背負って戦うことでもあると思っています。みなさんと一緒にさらなる夢を叶えられるよう、これからも全力で戦っていきます」


●角田選手が駆る、カーリンチームのF2マシン

<写真=Redbull 文=ドライバーWeb編集部>


RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING