2020/11/25 新車

スズキ新型ソリオ/ソリオ バンディット正式発表。トヨタ ルーミ対策バッチリか?

2020年11月25日、スズキは新型ソリオ/ソリオ バンディットを発表した。発売は12月4日。初代ソリオは、ワゴンRの拡幅版を起源とし、コンパクトハイトワゴンというカテゴリーを創出。今や、スズキ国内小型車のベストセラーにまで成長した。「小さくても広いクルマ」という歴代が築いた長所を伸ばすべく、じつに手堅い進化を遂げた。



大きくはなったが…5ナンバーサイズはもちろん死守!



全長4m、全幅1.7mを優に切る5ナンバーサイズのボディに1.2Lエンジン+モーターのマイルドハイブリッドシステムを搭載。スズキのコンパクトハイトワゴン「ソリオ」が5年ぶりに一新し、4代目へと生まれ変わった。



「ワゴンRソリオ」として2000年12月に登場した初代。以降、代を重ねるごとに着実にユーザーを獲得し、今やスズキの国内販売における屋台骨へと成長した。その新型の企画開発にあたってまず始めたのは、ユーザーと販売現場の声の聞き取り調査。そこでは、おもにファミリー層から「後席をもっと快適に」、「荷室をもっと大きく」という声が聞かれたという。

そこで新型は、ボディ全長を先代より80mm(バンディットは70mm)延長し、全幅も20mm拡大。これによって、広く使える室内空間と荷室を両立。全幅を広げた一方、最小回転半径を先代と同じ4.8mとすることで長所の小回り性能を維持した。

安全装備も最新モデルにふさわしい内容へアップデート。アダプティブクルーズコントロールには全車速追従機能も追加された。プラットフォームは基本先代からのキャリーオーバーとなるが、構造用接着剤などの採用により、操縦安定性と乗り心地も高められている。


●新型ソリオ バンディット。2段構えのヘッドライトは先代から踏襲。ランプはプロジェクター式のLEDで、ポジションランプは全体が光るインナーレンズ内蔵型だ


●新型ソリオ。プロジェクター式LEDヘッドライトは上級のハイブリッドMZに標準装備(ハイブリッドMXにオプション設定)Gはハロゲンとなる


全長の延長分は、ほぼリヤオーバーハングへ充てられた。狙いはもちろん荷室の拡大。床面長(奥行き)は、全長アップ分を超える先代比プラス100mmを実現。パンパーやテールゲートもストンと落ちた先代よりも抑揚のあるデザインとなり、まとまりもいい。

新型の主力パワートレーンは先代と同じく、ISG(モーター機能付き発電機)と専用リチウムイオン電池を組み合わせたマイルドハイブリッド。エンジンを含め、こちらも基本はキャリーオーバーとなる。


ドライバーWeb編集部