2020/11/20 カー用品

【最新ドラレコ】hpなら悪条件化でも鮮明な映像を記録。何よりスタイリッシュ!

hpのドライブレコーダーは個性的なデザインについ目を引かれるが、実用性能に優れており、じつはコストパフォーマンスが高い。豊富なバリエーションのなかから最新となる4機種を紹介。なかでもf920xは近日発売予定の最新鋭モデルだ。



モダンでスタイリッシュボディに数多くの機能を搭載!
f920x Kit
近日発売


●他人とは違う個性的なドライブレコーダーが欲しいという人には特にオススメ。今までに見たことがないデザインだ


●本体の背面には1.3インチIPS液晶ディスプレイを搭載。低反射で視野角も広いという


●フロントガラスのルームミラー裏側スペースに装着。運転の妨げになることもない


●本体と同じイメージでデザインされているリヤカメラ。F値1.8の明るいレンズも採用

正式発売が待ち遠しいスタイリッシュボディの2カメラモデル。本体サイズは93.8㎜×48.9㎜×40㎜と驚くほど小さいため、目障りにならず視界を妨げる心配もなく装着できる。

基本性能が充実しているのも特徴で、200万画素STARVISセンサーにF値1.8の明るいレンズ、HDR+WDRの明暗差補正機能を組み合わせている。昼間はもちろんのこと、夜間でも鮮明な映像記録が可能だ。

また、安全運転支援機能を搭載し、速度、車線逸脱、衝突防止、長時間運転、オービス(全国約580カ所)など5種類のアラートを発する。オプションの常時電源ケーブルを接続すれば駐車モードにも対応する。

トンネル出口の明暗差や暗い夜間でもハッキリと映し出す


●明暗差補正機能がないとトンネルの中と外では明暗差がありすぎて「白飛び」が発生する


●本機ではHDR/WDR機能によって明暗差を自動補正。トンネルの中も外もよく見える


●高感度センサーを搭載しない一般的なドライブレコーダーでは夜間は薄暗く映ることが多い


●高感度なSTARVISセンサーを搭載しているため、ライトが当たらない場所も明るく見える

STARVIS+WDR/HDRでリヤカメラも鮮明な映像を記録



●リヤカメラは200万画素センサーで明るく鮮明な映像に。対角150度の広視野角だ


●リヤカメラに明暗差補正機能が搭載されていないとヘッドライトの光で白飛びが発生する


●WDR/HDRが明暗差を自動的に補正し、後続車のヘッドライトによる白飛びを抑える

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING