2020/11/16 コラム

あおり運転、罰金の相場は30万円か?

妨害運転は数千円程度の反則金で済まされない



「高速道でトラックの前に割り込み、急ブレーキ…あおり運転で罰金30万円」(https://www.yomiuri.co.jp/national/20201114-OYT1T50127/)と2020年11月14日、読売新聞が報じた。以下はその記事の一部だ。

高速道路で他の車の進路を妨害する「あおり運転」をしたとして、道路交通法違反容疑で逮捕されたとび職の男(36)について、岡山区検は12日、同法違反で略式起訴し、岡山簡裁は罰金30万円の略式命令を出した。男は即日納付した。
起訴状などによると、男は8月11日夜、岡山県浅口市内の山陽自動車道を走行中、追い越し車線のトラックの前に割り込み、急ブレーキをかけたとされる。

違和感をおぼえる方が多いだろう。あおるとは、後ろから追い立てるような行為だ。前に割り込んで急ブレーキをかける行為までなぜ「あおり運転」なのか。少女売買春を「援助交際」と呼んだり、刑事裁判の被告人を民事裁判の「被告」と呼んだり、可搬式オービスをわざわざ「移動式オービス」と呼び変えたり、この世は違和感だらけだよぅ(笑)。

さて、2020年6月30日、「あおり」に限らず妨害運転を厳罰に処する法令が施行された。車間距離の不保持等々10の違反について、どれか1つでも「他の車両の通行を妨害する目的で」やると、さぁたいへん! 数千円程度の反則金ではすまず「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」に処される。しかも、10の違反のどれかにより高速道路上で他の車両を停車させるなど「著しい交通の危険」を生じさせると「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」だ。


●「ストップ!あおり運転!!」と題する警察庁の「令和2年改正道路交通法リーフレットB」より。この10種類の違反を妨害目的でやると厳罰の対象になる

妨害運転の罰金の相場は?



運転免許の行政処分もたいへんなことになる。10の違反自体の違反点数は1点か2点だが、妨害目的でやると25点! 欠格2年間の免許取消処分の基準に達する。しかも高速道路上で他の車両を停車させるなど「著しい交通の危険」を生じさせると35点。欠格3年の免許取消処分だ。こうまとめることができる。

普通妨害運転:3年・50万円、25点
危険妨害運転:5年・100万円、35点

冒頭の読売新聞記事は「山陽自動車道を走行中、追い越し車線のトラックの前に割り込み、急ブレーキをかけた」となっている。そんな悪質なのが罰金30万円?

3年・50万円という罰則は酒気帯運転と同じだ。罰金額の相場は、動かしようのない外形的なことで決まる。酒気帯びの罰金の相場は、普通車で初犯(刑事罰を受けるのが初めて)なら30万円だ。そのへんからするに山陽道の事件は、いわば緩い急ブレーキで、すぐに加速したとか、危険妨害運転とするにはちょっと難しいケースだったんじゃないかな。

そうだとすると、普通車の普通妨害運転の初犯の相場は、高速道路なら30万円、一般道路なら20万円、という仮説をたてることができる。仮説は当たりかどうか、外れならどれぐらい外れか、今後見張っていきたい。

前出の10の違反、それ自体は数千円の反則金(軽い行政罰)で済む。違反点数は1点か2点。しょぼい。だが、妨害目的ありと認定される態様でやれば、重罰に処されるうえ免許もさくっと取消しを食らう。大変だ。しかし、そんなことで妨害運転をヤメる者はほとんどいないだろうと私は思う。

新聞やTVニュースなどそもそも見ない者もいる。見てもニュースは他人事、それが基本だ。飲酒運転の裁判で、「重大な飲酒事故が日々報道される。見てないんですか!」と検察官が突っ込み、被告人は「見てましたけど、他人事というか、自分は大丈夫と思ってました」と答える、それはもう裁判あるあるだ。

加えて、妨害運転をするのはカッとなったら止まらない人といえる。「とろい運転をする相手が悪い。正義の自分が懲らしめてやる!」、そうなったらもう止まらない。妨害運転をした本人の車両のドラレコで妨害運転が立証され、逮捕されることもある。カッとなったら、また「自分が正義!」と思ったら止まらないのである。運転とは関係ない殺人事件でもそういうケースがよくある。

どうすればいいのか。反撃とか絶対せず、ドラレコで淡々と録画し、110番通報する、それしかないでしょ。ものすごく大胆なことを言わせてもらえば、今どきドラレコを装備してないのは「あおり運転」も交通事故も他人事と思っている人だけじゃないのかと。

〈文=今井亮一〉

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING