2020/10/30 ニュース

いすゞとボルボの提携により、いすゞとUDトラックスが50年の時を経てゴールイン! 

いすゞとボルボ・グループは10月30日、商用車分野での戦略的提携に関する基本契約を正式に締結した。20年以上にわたる長期の提携契約で、契約には、現在ボルボの傘下にあるUDトラックスの事業取得(取得価格2430億円)も含まれている。

協業では商用車の自動運転やコネクテッド、電動化などの将来を見据えた技術開発を進め、部品調達などでスケールメリットを追求していくという。また、いすゞはUDトラックスとともに日本やアジア市場向け大型トラックのプラットフォームの共同開発を進める。2022年以降、大型トラックの一部車型の共有を行う。

じつは1960年代末から70年代初めにかけて、いすゞはUDトラックスの前身の日産ディーゼルと合併を企図したことがあったが、当時は筆頭株主の日産の反対もあって実現しなかった。50年という時間を経て、UDトラックスのいすゞグループ入りが実現したのは感慨深い。


●いすゞの大型トラック「ギガ」


●UDトラックスの大型トラック「クオン」


〈文=ドライバーWeb編集部〉

ドライバーWeb編集部