2020/10/22 新車

【2020年度は限定135台!】レクサス初のEV「UX300e」の商談申し込みが公式サイトで受け付け開始。申し込みは11月4日まで

レクサスは2020年10月22日、ブランド初の電気自動車市販モデル「UX300e」の2020年度分の限定販売135台の商談申し込み受け付けを開始した。価格は580万〜635万円。

UX300e
 
レクサス公式ウェブサイト上で2020年10月22日(木)13:30から11月4日(水)23:59までの期間で申し込みを受け付ける。当選者には指定した販売店から直接連絡が入り、商談を開始する。
 
UX300e車両概要および限定135台のウェブ商談(抽選)申し込みサイト
 
レクサスは、電動化技術を用いて車両の基本性能を大幅に進化させ、ユーザーへクルマがもたらす楽しさや喜びを提供し続けることを目指す電動化ビジョン「Lexus Electrified」を2019年に発表。世界各地のニーズやインフラ環境に応じてHV、PHV、EV、FCVなど、適材適所で商品開発を進めラインアップを拡大していく。2025年には全車種に電動車を設定し、電動車の販売比率がガソリンエンジン車の比率を上まわることを目標としている。「UX300e」は電動化ビジョン「Lexus Electrified」第1弾となるEVクロスオーバーモデルだ。

UX300e
 
今回、国内においてレクサスブランド初のEVとして登場した「UX300e」は、EVの潜在能力を生かしてクルマの根源的な価値を磨き上げるべく開発された。
 
具体的には、コンパクトクロスオーバー「UX」の持ち味である個性的なデザインや、高い利便性、取りまわしのよさをそのままに、レクサスのEVならではの上質な走りと優れた静粛性を追求している。

UX300e

また、ドライバーの運転感覚に寄り添った自然な加速フィールと、高出力モーターによる優れた加速性能を両立。大容量バッテリーを床下に配置することで低重心化を図り、WLTCモード航続距離は367kmを実現。
さらに最新のコネクティッド技術を採用し、EVとしての価値を最大化しながら、運動性能や日常の使い勝手との「二律双生」を追求している。
 
UX300e

UX300e

UX300e


[UX300e主要諸元]

■モーター
駆動方式:前輪駆動
型式:4KM
最高出力:150kW(203ps)
最大トルク:300Nm(30.5kgm)
 
■バッテリー
種類:リチウムイオンバッテリー
容量:54.4kWh
WLTCモード航続距離:367km
充電電力:
普通充電(AC)…3〜6kW
急速充電(DC)…最大50kW
急速充電規格;CHAdeMO
 
■充電性能
・急速充電(DC)50kW時
充電電流・供給電圧:最大125A
充電量75%までの所要時間:約50分、100%までの所要時間:約80分
 
・普通充電(AC)3kW時
充電電流・供給電圧:16A・200V
充電量100%までの所要時間:約14時間
 
※充電時間はバッテリー残量、バッテリー温度、使用履歴、充電スタンド(充電器)、使用電圧によって変動する
※上記は電欠灯点灯から充電した場合の充電時間
 

[価格]

〈前輪駆動〉
UX300e バージョンL:635万円
UX300e バージョンC:580万円



 
〈文=ドライバーWeb編集部〉 

レクサス
https://lexus.jp

ドライバーWeb編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事

RELATED

RANKING